講演会スタッフブログ > 2015年2月

金谷俊一郎先生のご著書&ご講演ご紹介

東進ハイスクールの超人気日本史講師で
歴史コメンテーターの
金谷俊一郎先生をご紹介します。

まずオススメのご著書の紹介です。

今の日本がここから見える! 「米中韓」と日本の歴史
(朝日新聞出版)

日本と特に関わりが深い
「アメリカ」
「中国」
「韓国」
との関係を軸に、
日本の近現代史を解説しています。

竹島、尖閣諸島、靖国参拝、沖縄米軍基地など、
日本をめぐる“今”のニュースについて
おおもとから理解することができる一冊です。

ニュースに敏感になることも大事ですが
・なぜニュースとなるのか
・その背景にどんな問題があるのか
を掴むと、国際情勢や世界経済との関係も見えてきます。

学校では「近現代史」は3学期終わりに
駆け足のように授業が進んでしまいますが、
「近現代史」は、今を生きる私達の様々な面で
繋がっています。

また、次世代経営者が集まる青年会議所(JC)も
歴史委員会を設置し、日本の近現代史を勉強しています。

歴史的背景を学ぶことは、現代の日本を知ること。
そして、周りの国、国際社会を学ぶこと
と若い経営者なりに理解しているのだと考えています。

2015年は、
『戦後70年』
『日韓国交正常化50年』
です。

この節目の年に、
近現代史より国際情勢・外交問題・時事問題を理解し、
平和や戦争、世界で起こる様々な紛争について
そして、今後の未来について考える講演会を
開催してみては、いかがでしょうか。

金谷俊一郎先生の日本近現代史の講演は、
「日本人なら知っておきたい日本史の授業」
です。

節目の年だからこそ、
近現代史を学び、
日本をめぐる「今」のニュース、
国際情勢・外交や時事問題を理解し、
平和や戦争、世界で起こる様々な紛争について、
なぜ起きているのか、
平和や未来について考えてみませんか。

金谷俊一郎先生の講演で、その他オススメもご紹介します。

「偉人から学び、現代に活かす」
「偉人のたちメッセージ~現代をどう生きるか~」
吉田松陰、黒田官兵衛、坂本龍馬、白洲次郎、出光佐三など
1人の偉人に焦点をあて史実や時代背景をわかりやすく解説、
その生き様や哲学などもお話します。
「現代においてどのように生きるべきかを考えるきっかけとなる」
「大変興味深く、面白かった」との感想も多く、
一般市民からビジネス層まで幅広く好評を得ています。
また、歴史ジャンルは、幅広い年齢層より関心が高く人気です。

また、地域活性化や町おこしについて
「○○(開催地名)の歴史」と題する講演もオススメです。
その地元の素晴らしさを歴史的観点から紹介し
住んでいる町の素晴らしさを伝えます。
「新たな町自慢・地元自慢が増えた」「地元に更に愛着を感じる」
との感想も多く、
観光資源や地域再生ビジネスのヒントにもなると好評です。

▼金谷俊一郎先生の講師ページは こちら から

講演依頼

カレンダー

2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

スタッフについて

講師派遣担当
ナルサワ

旬刊!セミナースタッフブログ