講演会スタッフブログ > 2010年4月

ふくだ友子先生 講演レポート15

たとえば、お客様から
表彰式のようなインセンティブな会合で、
どのような話が一番良いと思いますか?
とお問合せがあったら、
私は、
参加者が「また来年もこの会合に参加したい」と思うお話
と一番に答えます。
参加者がその時間を楽しんで、更に有意義だと感じ、
仕事にも人生にも前向きな気持ちになることが
一番大事だと思っています。

そのニーズにピッタリの講演をしてくださる先生をご紹介します。

ふくだ友子氏写真
ふくだ友子先生 人材育成アドバイザー

講演時間は90分間あれば効果大、
長いなんて全く感じず、むしろ終わってしまうのが寂しいほど。
時間はあっと言う間に流れてしまうので不思議です。

笑いあり、涙もあり、とても面白いワークあり
「なるほど」「目からウロコだ」と気付きがあり
「TRYしてみよう」「みんなにも伝えよう」と
ワクワクした気持ちが芽生えてきます。
参加者だけでなく運営事務局まで、
笑顔で満載にしてしまう90分間です。

私は、人や自分をキラキラと輝かせるのに、
どれだけ言葉が重要かと考えてしまいます。
そして表情・所作で、どれだけ相手に伝わるか。
コミュニケーションの面白さとあわせて、

奥深さも感じる講演です。

モチベーションアップしたい
そんなニーズには是非オススメです。

なんと明日4/24(土)東京オアゾ丸善で、
ふくだ友子先生のトークショーのイベントがあります。

『幸せを呼び込む 育児の言葉』(成美堂出版)刊行記念

『幸せを呼び込む 育児の言葉』紹介ページへ

人材教育は、育児にも通じるお話ばかり。
「今後の私にきっと役立つはず・・」と
めざとく参加申込をしているのでした。

 

担当:セガワ

ある急成長企業に「人材教育の原点」を見た!

「新入社員研修」会場発! 研修トレーナーのレポート

最近の新入社員といえば、無反応、コミュニケーション下手など、
とかくマイナスイメージで語られることが多く、当協会主催の
今年の新入社員研修もそんな雰囲気でした。
しかし先日出張研修をさせていただいた、
ある会社の新入社員達はちょっと違いました。
ここ数年見たことのないような驚くべき
積極性を見せてくれたのです。
最初のスタート時の挨拶こそ元気がなかったのですが、
少しハッパをかけると見る間に大きな声になりました。
また、講師の話にうなずきながら聞き入ったり、
発言を求められると即座に手が上がるなど、
その反応の良さは目を見張るものがありました。
加えて感心したのは、休憩時間に、講師に対して
「お疲れ様です!」
という挨拶が実に明るく励行されることです。
また食事会場などで会う一般の方にさえも挨拶をします。

遠い昔に新入社員時代を過ごされた
先輩諸氏にとっては「挨拶くらいは当然」と思われるかもしれませんが、
最近こんな礼儀正しい新入社員には
なかなかお目にかかれないのが、現実です。
もちろん全員が出来ているわけではありません。
でも確かに、出来ている人の割合がこの会社は圧倒的に多いのです。
では何故この会社の新入社員はできるのでしょう。
これこそ社風のなせる業だと思います。
理想に向かって前だけ向いて成長を続ける会社の姿や、
先輩社員の立ち居振る舞いなど、触れる回数はまだまだ少なくても、
好ましい社風に素直に染まっていっているのでしょう。
「うちの新入社員は…」と思うならば、
まず自分達、上司・先輩の姿を振り返ることが必要かもしれません。
人材教育の原点が見えたような気がしました。

 

担当:マスオカ

 

★研修に対するお問い合わせはコチラまで。
ご相談・お見積もりは無料です。お気軽に!

★企業研修のページはコチラ

★公開経営セミナー/社員研修のページはコチラ

上田惇生先生 講演レポート14

 

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」
という書籍が今大変注目を集めております。

(ビジネスマンが手に取るのに、ちょっと戸惑う表紙なのですが)
↓今再びドラッカーブームとなっており、今週のダイヤモンドでも特集されています。

ダイヤモンド「ドラッカー特集」

上田惇生先生はピーター・F・ドラッカー教授の主要著作のすべてを翻訳、
ドラッカー学会代表を務めていらっしゃいます。

上田 惇生  氏(うえだ・あつお) ものつくり大学名誉教授・立命館大学客員教授

上田惇生氏写真

 

上田惇生先生ご講演の感想を紹介します。

 

・ドラッカー理論について熱く語ってくださり、大変楽しい講演であった。
この場でしか聞かないライブ感があり、興味深い内容だったと感じた。
・講演レジメ・書籍紹介を先生は用意くださり、心配りを感じました。
話の暖かさ・幅の広さ、考えるヒントを頂けました。
・もっと堅いお話を想像していましたが、とてもフランクで
楽しく拝聴させていただきました。
・ドラッカーのエッセンスと逸話を熱く教えて頂き勉強になりました。
・企業人としての有り方を考えさせられた。
非常に分かりやすい解説で勉強になった。
・会社にとって本当に大切なものとは何かということも、
改めて考えるきっかけになりました。

上田惇生先生のご講演を拝聴すると、
とてもドラッカーを愛しており、皆さんに伝えたい
という先生のお気持ちを強く感じます。

とても立派で知的な先生ですが、とてもハートフルで温かいのです。
~~~~~~~~~
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を
4回読みました。4回とも涙が出ました。
~~~~~~~~~
との言葉にも、上田先生の熱い思いを感じております。

ドラッカー書籍はどれも長く読まれ続けています。
普遍的なテーマや真理があるからこそ、
ビジネス書でもロングセラーになったのではないでしょうか?

今の時代にも通じる経営の真理についてのご講演は
特に経営者やマネージャー層にオススメです。

担当:セガワ

塚越 寛 氏 伊那食品工業会長

ビジネス書でベストセラーになっている
『日本でいちばん大切にしたい会社』  坂本光司氏著(あさ出版)
をご存じでしょうか?

『日本でいちばん大切にしたい会社』紹介ページへリストラなしの「年輪経営」紹介ページへ

その著書で紹介されている「伊那食品工業」という会社があります。

ご存知の方も多いかと思いますが、
伊那食品工業は南アルプスの麓、
長野県伊那市に本社を置く寒天のメーカーで、
塚越寛会長が実践されている「年輪経営」 は特に有名です。

塚越寛会長の講演ニーズは大変高いのですが、
ご多忙でなかなか出張する講演は難しいため、
当協会では「伊那食品工業㈱視察研修会」 を開催し、
現地にて塚越会長にご講演頂いております。

 

視察研修会は私ナカムラが担当しております。

視察研修会での塚越会長のご講演の感想をちょっと紹介します。

・社員を幸せにするという(塚越会長の)揺るぎない信念と
その実行力に感銘を受けた。
・企業の目的や成長について深く考えるきっかけとなった。
・人生を賭けた理想の会社づくりに対する言葉の一言一言に
勇気を与えて頂いた。
・自分が描く会社づくりが実現できるかと不安を抱いていたが、
塚越会長のお話を聞いて自身がついた。
・「いい会社をつくりましょう」はこれ以上なくシンプルで誰にでも
理解できる社是で、それをきっちり説明している事は大変素晴らしい。

前回はすぐに満席となり
急遽、定員枠を15名追加した人気の視察研修会です。
ご参加者は中堅、中小企業の経営者の方々が中心でした。

次回開催の案内・詳細はこちらから

■スケジュール
9:30頃JR名古屋駅に集合しバスで移動
かんてんぱぱガーデン内レストラン「さつき亭」にて寒天特製ランチ
ガーデンと寒天工場見学
かんてんぱぱホールにて塚越会長講演
19:00頃JR名古屋駅にて解散

これまで本や雑誌などで塚越会長の考え方、哲学を拝見してきましたが、
現場で目の前にしてご本人のお話をお聞きすると
やはりその重み、信念といったものがリアルに伝わってきます。
その哲学を実際に現地で本物に触れることをオススメします。
現地だからこそ学べることが多くあると感じました。

担当:ナカムラ

次回開催の案内・詳細はこちらから

井上 宗迪 氏(いのうえ・むねみち)

井上 宗迪 氏  デジタルハリウッド大学院教授

「内外経済・景気がどうなるのか?」
「企業の方向性を考えるのに“確かな情報がほしい”」

それにお答えできるのが
当協会のセミナーにはあります!

※現在、このセミナーは終了しております。

■■≪株式経済研究会≫■■

~マスコミに出ない【極秘情報】が毎月得れる!定例会~
–内外経済研究会—
————————————
井上宗迪先生
「今後の日・米・欧 経済のゆくえと重要時局問題の“真相”」
《特別研究会》
————————————

–トレンド経済・株式市場動向—
————————————
菅下清廣先生
「スガシタ株式投資実戦道場!」
————————————

ここではまず、井上先生から・・・

<<<井上宗迪(いのうえ・むねみち)先生のご紹介 >>

元丸紅 国際経済研究室長
最後の相場師として誉れ高い“是川銀蔵”先生から
相場分析の基本を学んだ方です。
是川銀蔵先生より「最も信頼できるエコノミスト」と評価されています。
日・米・欧 世界経済に精通した国際エコノミストとして著名であり
特に、景気予測、相場予測には定評があります。
また、井上ファンも全国に多くいらっしゃいます。

最新情報として、井上先生は、
英国オックスフォード大学からの招待を受け、
3月下旬から4月中旬にかけて、4年ぶりに
英国オックスフォード大学主催のラウンド・テーブルに出席されています。

今回の課題は「ビジネスと倫理」で、
現下の世界的金融危機の真相を明らかにして、
望ましい対策、政策を究明することを目的としています。

国際金融に占める英国の地位は米国を大きく上回っているので、
井上先生は、次の5月セミナーで、このご出席を活かし、
先読みのアドバイスをくださいます。

ということで、

上記のように
毎月1回の定例会として
≪株式経済研究会≫を開催しています。

定期的に内外情勢の極秘情報が来ますので、
「経済のトレンド」「情勢」「株式市場」を
追うのに非常によいかと思います。

両セミナーとも
同日、同会場で開催していますので、
一度ご参加ください。

※現在、このセミナーは終了しております。

担当:カマタニ

講演依頼

カレンダー

2010年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

スタッフについて

講師派遣担当
ナルサワ

旬刊!セミナースタッフブログ