40年余の実績を誇る禅の精神を取り入れた日本でも屈指の伝統的な合宿研修会です。一般的な社員研修とは全く環境の異なる異文化での研修体験は、社会人として第一歩を踏み出す新入社員に、意識改革を図り、決意と勇気を持たせ、そして職場に新風と若さのパワーをもたらします。貴社の社員教育の基盤として是非、ご派遣ください。


研修内容とタイムスケジュール
研修1ヶ月前

3日間の研修を最大限に活用するために

新 社会人にとって必要なビジネスマナーテキストを事前学習として熟読して頂きます。
ビジネスマナー(仕事の基本心得)は非常に大切な決まりごとです。
テキストは事前に学習感想文として提出して頂き、問題の解答は研修当日持参し、
3日間の研修中に学んで頂きます。
予習をしっかり行っていただくことで、研修効果を高めます。

第1日目
10:00

集合・受付

10:30

入山式
オリエンテーション

まず研修への心構えを説きます。
この時間は非常に大切なセレモニーとして 厳粛にすすめていきます。

11:00

実践目標(行動三則)作成

12:00

正食・法話(感謝の心)

禅寺の食事の作法を学んでいただきます。

13:00

行動三則の発表

班で決めた目標を全員の前で発表します。
目標を実践することの大切さと同時に人生目標を立てる事の重要性も併せて学習して頂きます。
そして一日の研修の終了時に各班の行動三則をチェックリーダーにより実践の有無の総括をします。

14:00

ボイスセラピー・基本態度、行動訓練
ボイスセラピー研修

アメリカの精神科医が考案した心理療法で 口先からではなく 腹の底から声を出すことで自分自身に自信を持たせ 人生を歩んで行くための「ヤルキ」を喚起する研修です。

15:00

講義とグループ討議
実践項目10のポイント

17:00

非食・法話(感謝の心)

18:00

禅話「己に腹を立てよ!!」

斯波最誠(しば さいじょう)道場長のお話しは、全身からほとばしる気魄と鋭く迫る語気を持ち、また時折巧みなユーモアでもって研修生をなごませ、彼らの心をしっかりととらまえていきます。

特に「己に腹を立てよ」という法話は、“何かあれば相手に腹を立てるのではなく、出来ない自分の未熟さに腹を立てよ”というお話しです。

19:00

坐禅~自己を見つめる~

坐禅は自己との戦いで、1時間ただひたすらに坐る事で、耐える力・克己心を養って頂きます。4回の坐禅をこなすことで、自らのおごり・たかぶり・怠慢さに気付き、克己心を学び、自信を深める、一生にまたとない機会となります。

20:00

ビデオ学習
仕事の基本と人生の生き方

ビジネスの基本をビジュアルで学び学習します。人生を歩んでゆくゴールデンルールは身近な実践事例から大変好評です。

22:00

ふりかえり・レポート作成
(脳活動の強化)

23:30

就寝 ~放心~

第2日目
04:40

起床・洗面・整理

朝一番ドラの合図で起床します。4時40分の起床により時間の活かし方を学びます。「時は命」 で、決して「時は金」ではありません。人生における時間の大切さを体験していただく時間です。

05:40

朝礼

各班のメンバーの確認と健康管理の確認、一日のヤルキの確認を図る大変重要な時間です。

06:00

坐禅

2回目

07:00

空手体操

空手師範による朝の空手体操は、空手を基本に心・技・体の統一をはかった研修です。さわやかな早朝の空気を吸いながらのカラテ体操は体力・気力の重要性を痛切に感じる時間です。

ヨーガも取り入れた研修で「身心一如」の実践を身体で学んでいだたきます。

07:30

作務(サム)

掃除です。読んで字の如く務めを作る。そのことが実践です

誰にでも出来る掃除という世界で 仕事を作り出す(段取りをする)
自分で務めを作れない人は、一生目の前にある他人が作った仕事に不平と不満を持ちながら仕事をやらされることになる。
自分で仕事を創る、誰にでも出来ることを自分の仕事にし、今自分がしている仕事の前後を考えることが出来るようになる。
それが企業人の基本精神ですとの 和尚さんのお話により境内を班毎に分かれ掃除をします。

境内1万5千坪を清掃することにより、物への感謝・自ら仕事を創ること・自己の心を磨くという3つのポイントで実践して頂きます。

実践教育として、大変重要な研修と位置づけています。

08:00

小食・法話(感謝の心)

お粥一食の質素な朝食です。沢庵が2切れあり、終わった後、その1切れとお茶で食器を洗います。 仕事での後工程の重要性を学んでいただきます。食事をいただけることの幸せと感謝の心・敬虔な気持ちは、人の生きる道として大切です。

09:00

法話 「禅から学ぶ人生の生き方」
斯波最誠道場長

10:00

体験学習「ビジネスマナーと基本心得」

なぜ、ビジネスマナーが新社会人にとって必要欠くべからざるものであるかの説明により、実習します。

挨拶やお辞儀という“当たり前”の事の積み重ねが、信頼されるビジネスマンとしての基本であるという事を体得していただきます。
そして「心身の接遇」がいかに大切であるかを実習により学習します。

11:00

茶礼研修と法話~五感を活かす~

12:00

正食・法話(感謝の心)

13:00

体験学習の①「コミュニケーション・ゲーム」

ゲーム学習により、自らチームワークやコミュニケーションの難しさと大切さ、また仕事の進め方を体験し、その“気付いた事”を全員の前で発表する研修です。
理論よりも 身をもっての“体験”を通して学習していくため、チームにおける自己の役割や責任を認識し、チームワーク・コミュニケーションの大切さ、そしてグループの存在意義・在り方を現実感をもって理解 体験していく、重要な研修です。

16:00

体験学習の②(五体投地)

帰社後、開口一番、研修生の口から耳にされることと思いますが、禅寺で行われる礼拝の一端を体験して頂きます。

同じ動作を、200~300回と繰り返す事によって、自分のヤル気を言葉ではなく身体で示すと同時に、人生も同じように“毎日”の繰り返しの連続の中に 人生を見出す事を学習していただきます。
そして、つらく厳しい修行をやり遂げた後の“充実感・達成感の喜び”、さらには“自らの自信”を理屈ではなく実体験をもって学んで頂きます。

ひざの痛みとともに 末長く記憶の中に残る、最も印象的な研修のひとつです。
“継続は力なり”を学んでいただくまたとない機会です。
ちなみに、修行僧は1日3,000回を、2~3ヶ月修行するという現実に、驚嘆すると共に“やれば出来る”という人間の偉大さを感じる時間でもあります。

17:00

非食・法話(感謝の心)

18:00

坐禅

3回目

19:00

入浴(沐浴)

禅では入浴も大切な修行の一つです。ただ汗を流したり、身体を洗うためだけではなく、心の不純物を洗い直す意味も含まれていま す。お寺での三黙のひとつに数えられ、無言で身体を清浄し、新たな明日のステップとします。お風呂のありがたさを感じる研修でもあります。
入浴(沐浴)は研修中1回です。

20:00

グループ学習
「会社毎におけるコミュニケーション・グループ作業」

同じ会社のメンバーが研修で初めていっしょになる時間です。同志との絆を模造紙にまとめ愛社精神・帰属意識を養成、確認する時間となります。

22:00

ふりかえり・レポート作成(脳活動の強化)

23:30

就寝 ~放心~

第3日目
04:40

起床・洗面・整理

06:00

坐禅

4回目の坐禅で自分を律する事の無限の奥深さを学んで頂きます。

07:00

空手体操 作務

08:00

小食・法話(感謝の心)

09:00

講義「成功者の三つの条件」

総合トレーナーの講義です。40年余の研修から垣間見た、何万人の研修生の実践研修に裏づけされた成功論・幸せ論は人生のゴールデンルールとしてやる気をおこさずにはおられません。

10:00

ボイスセラピー研修とボイスセラピー大会

最終日は総合リーダー・サブ総合リーダー主導で進めます。
班対抗のボイスセラピー大会を開催し、優勝チームを研修生で選び、チームワーク、チームプレー、コミュニケーション、の重要性と内在する人生を生き抜く闘争心を実践、体験していただきます。そして世の中の厳しさを学んでいただきます。
優勝チームには後日記念写真を贈呈します。一生の記念となる事でしょう。

13:00

振り返り
個人学習・グループ学習・発表による相互啓発
実践目標の作成・レポート作成

この時間は研修プログラムの中で、大変大切な時間と位置づけています。
個人学習・グループ学習・発表と、常に全員参加の相互啓発スタイルを取っており、「研修会を振り返って」として、この研修を共に過ごした各メンバーの気づ きや意見によって何十倍ものの研修効果を狙った時間です。
各研修生の実践目標は派遣企業先で帰社後、会社内ではり出し喚起を促し効果をあげています。

16:00

出発式(下山式)

厳粛な雰囲気に包まれた下山式では、道場長と総合トレーナーのはなむけの言葉と 研修生たちの宣誓式が行われます。

2泊3日の研修期間は、早朝4時40分から、就寝の23時30分まで、わずかな休憩時間までをも含めて、文字通り研修生の一挙手一投足全てが研修そのものでした。

17:00

下山

会社を人生道場に変えるをコンセプトに
40年余にわたり、毎年定期的に開催。
日本でも屈指の伝統的な人間力アップの社員教育として、平成27年度は300名余様の公開研修にご派遣をいただきました。

会場 心華寺研修道場(当協会専門道場/15000坪)
京都府宇治市神明石塚66
近鉄京都線「伊勢田駅」下車、東へ徒歩10分
(お申し込み者には、詳しい地図をご案内します)
対象 男女新入社員(第二新卒)・中途採用社員
参加費 1名から5名まで、1名につき:72,000
5名から10名まで、1名につき:69,000
10名以上、1名につき:67,000
※テキスト費、食事費、宿泊費、消費税含む
●ビジネスマナー1日研修会 20,000
開催日程 2017年
第227回: 328日(火)~30日(木)
第228回: 44日(火)~6日(木)
持参品 坐禅やトレーニングが出来る身軽な服装(トレーニング・ウェアなど)、洗面用具一式、筆記具、タオル(研修用)

単独研修・出張研修も実施可能です!

一社単独によるオーダーメイド研修
心華寺の当協会専門道場をご利用いただき、1社または異業種団体や数社の企業グループが単独で「禅寺合宿研修会」を開催していただけるコースです。独自のカリキュラムと希望日程・スケジュールによる単独研修を開くことが出来ます。
また、貴社での出張開催も承ります。
階層別研修も多数企画しております。

会場 心華寺研修道場(当協会専門道場/15000坪)

申込方法

  1. 下記フォームからお申込みください。(必須項目には必ずご記入ください。)
  2. 開催1ケ月前に、事前研修資料・会場地図・請求書等をお送り致します。


セミナー参加申し込み

お申し込み内容
貴社名
所在地

TEL
FAX
メールアドレス
※必ず半角英数にてご入力ください。
報告書送付先
社長名
※報告書送付先(社長以外をご希望の場合)
役職
氏名
参加者1
お名前  
フリガナ 
 男性 女性
■参加希望スケジュールを選択してください
参加者2
お名前  
フリガナ 
 男性 女性
■参加希望スケジュールを選択してください
参加者3
お名前  
フリガナ 
 男性 女性
■参加希望スケジュールを選択してください

業種
年商
百万
資本金
百万
従業員
備考
4名以上の参加をご希望される場合にはこちらにご記入ください。