有名講師5,000余名による講演/経営者セミナー情報/社員研修 コンサルティングサポート

  • 協会トップ
  • サイトマップ
  • お問合せについて
中堅・中小企業の繁栄の力となる JMDA 日本経営開発協会 03-3249-0666/KMCA 関西経営管理協会 06-6312-0691
お気軽にお電話ください。電話受付時間:9:00〜18:00(土・日・祝日は休暇/メールは24時間受付中)
講演依頼 60余年の歴史と実績 講演企画のプロが講演会の成功をお約束します・5,000余名におよぶ多彩なジャンルの講師陣。・講師選定からアフターフォローまで徹底サポート。

新着情報

【平松陽一】組織を動かす経営計画 25

組織を動かす経営計画


25.戦争が景気を動かす

鉄鋼業界が景気の波を受けるのは、今もむかしも同じだ。

近藤商店が大きな景気の影響を受けるのは、西南戦争1877年(明治10年)後の
不況(松方デフレ)である。西南戦争に勝利したのは、明治政府だったが、
金・銀を持っていなかったために、兌換紙幣の発行ができず、
不換紙幣が出回ることにより物価が上がってしまい、これが不況となるのである。
明治16年あたりから不況により、鉄価が下落することになり、近藤家は
自助努力によりこれを抜け出すこととなる。

具体的には、人力から機械化により経費の削減と同時に生産量を増やし品質を
向上させるという手段を取るのである。明治が明るい時代であると言われた背景がそこにはある。
つまり、この時期においても、次の戦争があることは予測できたからである。
皮肉なものだが、征韓論を主張した西郷隆盛が西南戦争に敗れ、
そこから松方不況が始まり、その克服をするのが日清戦争である
ということも不思議なものである。
松方正義が打った手は、歳入の増加と歳出の削減であった。課税できるものには、
課税するということから、菓子税、謡曲税の新設や酒造税や煙草税の増税など
課税出来るものには手当り次第に課税したのである。
一方、経費削減では官営事業の民営化をおこなった。
日本銀行の設立を行ったがこれらのものが、効果として表れるのは時間を
待たなければならない。


次回:2017年6月21日 掲載

平松 陽一への講演依頼はこちら