有名講師5,000余名による講演/経営者セミナー情報/社員研修 コンサルティングサポート

  • 協会トップ
  • サイトマップ
  • お問合せについて
中堅・中小企業の繁栄の力となる JMDA 日本経営開発協会 03-3249-0666/KMCA 関西経営管理協会 06-6312-0691
お気軽にお電話ください。電話受付時間:9:00〜18:00(土・日・祝日は休暇/メールは24時間受付中)
講演依頼 60余年の歴史と実績 講演企画のプロが講演会の成功をお約束します・5,000余名におよぶ多彩なジャンルの講師陣。・講師選定からアフターフォローまで徹底サポート。

新着情報

食育って“誰”にするもの?“こども”だけ? ~ “大学生・高校生”への食育を、一緒に考えましょう~

ランチ

高校生や大学生は、将来の自分について真剣に考え始める時期。頭の中からは、進学や就職のことが離れません。また最近では何でもインターネットを利用するようになり、規則正しい生活を阻害する面も出てきました。そのため、睡眠や食生活はバランスが悪くなりがちです。

比較的年齢が低い子供の食に関しては、親の目も行き届くでしょう。しかし自己が確立され、身の回りのことを親に頼りたがらない年齢になると、気付かないうちに食生活は乱れてしまいます。

九州大学大学院農学研究院で助教授を務める佐藤剛史氏は、これまで「いのちをいただく」「すごい弁当力!」「自炊男子」など数々のベストセラー作品を執筆してきました。この他にも新聞や雑誌、テレビ、ラジオなど活躍の場を広げています。そんな佐藤氏の勤務する九州大学では、「九大お弁当の日」が行われています。これは2006年10月に同大学で開催された食育ワークショップがキッカケで始まったものですが、学生達が週に1回、思い思いの手作り弁当を持ち寄ります。自分達が作ったお弁当を皆で食べるため、「嫌いだった物が、案外美味しかった」などの反響を呼んでいるイベントです。

また公益社団法人兵庫県栄養士会で会長を務める榊由美子氏は、地域の生産物を地域で消費することを推進。健康を手にするため、「おいしく、楽しく、バランスよく」という考え方を社会へ広めています。

東日本大震災などの影響から、食糧備蓄の関心が高まってきています。そんなとき、重宝するものの1つとしてインスタントラーメンが挙げられるでしょう。榊氏はこのインスタントラーメンに野菜をふんだんに使うことで、バランスの良い食事ができると話しています。

そんな佐藤氏と榊氏をはじめとしたメンバーが、そんな榊氏が、1月23日(水)に「食育講演会」を兵庫県私学会館にて開催します。

佐藤氏は「お弁当の日」について、その具体的な取り組み内容や効果を紹介。また榊氏は「高校における取組(教育)」、「高校生による取組(健康)」「大学生による取組(農林水産)」の3テーマにおける事例発表をとりまとめ、高校・大学生を中心とした食育に関する教育を追求します。各テーマの事例を発表するのは、地元兵庫県の高校教諭(家庭科)や養護教諭。また神戸大学大学院農学研究科に所属する、食育研究会「食のVenus」代表の山下 陽子氏。

普段目の向きづらい高校・大学生に向けた食育のあり方について、ぜひご一緒に考える機会を設けてみてはいかがでしょうか。