有名講師5,000余名による講演/経営者セミナー情報/社員研修 コンサルティングサポート

  • 協会トップ
  • サイトマップ
  • お問合せについて
中堅・中小企業の繁栄の力となる JMDA 日本経営開発協会 03-3249-0666/KMCA 関西経営管理協会 06-6312-0691
お気軽にお電話ください。電話受付時間:9:00〜18:00(土・日・祝日は休暇/メールは24時間受付中)
講演依頼 60余年の歴史と実績 講演企画のプロが講演会の成功をお約束します・5,000余名におよぶ多彩なジャンルの講師陣。・講師選定からアフターフォローまで徹底サポート。

新着情報

言いたいことが面白いように伝わる「プレゼン力」を磨く方法とは?

プレゼン力

ビジネスシーンにおいて、プレゼン力はもはや必須能力とされるほど意識が高まっています。
それに対して、プレゼンテーションに恐怖感を覚えている人も少なくありません。

 

・一体どのように話したら良いのか?

・資料はどのように作れば良いのか?

・もしも話を聞いてくれなかったらどうしよう……。

・人前でしゃべると、滑舌が悪くなって困る……。

 

などなど。

日本人は、元々まじめな人種ですから心配することも多くなってしまいますよね。
そもそも、プレゼンテーションというのは聴衆の人々に「自分の言いたいこと」が伝わらなければ意味がありません。
そのための手段としてプレゼンテーションを行い、聞いている人に納得してもらうわけです。重要なのは、最終的に「自分の意見を相手が理解する」ことなのです。

 

しかしながら、プレゼンテーションはとても奥が深い世界です。

現在主流のパソコンを使ったプレゼンテーションの場合、資料の作り方1つで「伝わる」「伝わらない」が変わってしまいます。
また、しゃべり方も少し工夫するだけで、聴衆を自分に惹きつけることも可能になります。

このようなノウハウは、基本的にあまり公開されていないので、これからプレゼンを勉強する人はとにかく実践して経験から学ぶしかありません。

そのため、膨大な時間をかけて経験を積み、自分の欠点を補っていくわけです。

 

そこで、最も効率よくプレゼン力を高める方法として、「プロに学ぶ」という方法があります。
なかでも、プレゼンの経験が豊富で、多数の関連書籍を出版されている村松かすみ氏と、二階堂忠春氏によるプレゼンセミナーは、最も効率よくプレゼン学習ができるとして有名です。
なんといっても、膨大な経験に裏打ちされた「必勝のコツ」をたった1日でマスターできるのはこのセミナー最大の醍醐味です。

さらに「2P2D」と言って、「個性(Personality)」「計画(Program)」「デザイン(Design)」「発表(Delivery)」の4つのポイントを学習することで、プレゼン能力を劇的に高めることができるのも魅力的な内容でしょう。

 

セミナーは、2013年9月3日(火)丸の内オアゾ(OAZO)丸善3階 日経セミナールームにて行われますので、今のうちにメモを取っておくことをオススメします!