有名講師5,000余名による講演/経営者セミナー情報/社員研修 コンサルティングサポート

  • 協会トップ
  • サイトマップ
  • お問合せについて
中堅・中小企業の繁栄の力となる JMDA 日本経営開発協会 03-3249-0666/KMCA 関西経営管理協会 06-6312-0691
お気軽にお電話ください。電話受付時間:9:00〜18:00(土・日・祝日は休暇/メールは24時間受付中)
講演依頼 60余年の歴史と実績 講演企画のプロが講演会の成功をお約束します・5,000余名におよぶ多彩なジャンルの講師陣。・講師選定からアフターフォローまで徹底サポート。

新着情報

腸内細菌を賢く育てて健康に 藤田紘一郎著「腸をダメにする習慣、鍛える習慣 腸内細菌を育てて免疫力を上げる30の方法」

腸内環境

「100種類以上」、「約100兆個」。この2つの数字が「何」を表しているかがお分かりになった方は、ご自身の体に気をつけられている方でしょう。実は、冒頭の数字は私たちの腸の中にいる細菌、いわゆる『腸内細菌』の種類と数なのです。

その総重量は約1キログラムで、脳や肝臓の重さに匹敵。腸内細菌の働きもあって、人の体の中にある免疫システムの70%が腸に集中しているといわれています。これまでの研究で、腸内細菌を上手に育てて免疫力を上げていくことが、「健康」や「長寿」を強力にバックアップしていることが明らかになってきました。

ではこの腸内細菌をどのように増やせば良いのか?

そんな疑問を持たれた方にぜひ読んでいただきたいのが腸内細菌研究の第一人者である藤田紘一郎・東京医科歯科大学名誉教授著の「腸をダメにする習慣、鍛える習慣 腸内細菌を育てて免疫力を上げる30の方法」(ワニブックス)です。

 

知らない間に痛めつけられる腸内環境

藤田氏は著書の中で、腸内細菌が活発で良い環境の腸を持つ人は「心身の状態が良く、病気にもかかりにくい」とした上で、現代人は「知らず知らずのうちに腸を痛めつけて、免疫力を下げてしまっている」との懸念を示しています。

藤田氏は、腸内細菌を増やしていくには、味噌や納豆といった日本人が昔から食べ続けてきた伝統食をすすめています。さらに「腸を元気にするには、食物繊維だけでなく、善玉菌のエサとなるオリゴ糖も必要」としてオリゴ糖と糖アルコールを多く含む野菜、果物、海藻類の積極的な摂取を奨励しています。また食べ方にも一工夫が必要で、唾液には活性酸素を抑制する酵素が含まれ噛むことで唾液の分泌が促進されるため、食事の時には「一口30回以上噛むこと」が重要であるとしています。

一方、食品添加物が多く使われているスナック菓子、ファストフード、レトルト食品、コンビニ弁当などは「腸内細菌の働きを弱めて、数を減らしてしまう」としている他、「水道水には塩素が含まれており、熱にかけると塩素と有機物が結びついて有害物質であるトリハロメタンが発生する。最近の健康法で取り上げられるような白湯として飲んでもメリットはない」など、腸内細菌を育てていく上の注意事項もわかりやすく書かれています。

 

このほか著書では「毎日の食事で腸内環境を整えることが肥満防止につながる」「アルカリ性硬水や温泉水を飲んで、弱アルカリ性の体内が酸性に傾くのを防ぐ」などの食物摂取に関すること、「湯船につかり身体を温めることで腸を活発にする。低体温は免疫力を低下させる」といった生活習慣の注意点など、腸と免疫力を鍛えて健康長寿を手に入れるための30の方法を分かりやすく解説しています。食と健康を考える上で、非常に参考になる一冊です。