有名講師5,000余名による講演/経営者セミナー情報/社員研修 コンサルティングサポート

  • 協会トップ
  • サイトマップ
  • お問合せについて
中堅・中小企業の繁栄の力となる JMDA 日本経営開発協会 03-3249-0666/KMCA 関西経営管理協会 06-6312-0691
お気軽にお電話ください。電話受付時間:9:00〜18:00(土・日・祝日は休暇/メールは24時間受付中)
講演依頼 60余年の歴史と実績 講演企画のプロが講演会の成功をお約束します・5,000余名におよぶ多彩なジャンルの講師陣。・講師選定からアフターフォローまで徹底サポート。

新着情報

幼児教育に音楽を取り入れよう ケロポンズ 著「ケロポンズのあそびネタ」

幼児教育音楽

「幼児」と定義される、1歳から小学校に入るまでの間の子どもは、体の成長も著しいですが、心や知能も大きく成長していきます。この時期に、音楽に触れさせるご両親も多いかと思います。

子供に通わせる音楽教室として、一番手頃で人気なのが「ピアノ教室」「エレクトーン教室」など、鍵盤を使う教室です。その中でも全国的に知られている「ヤマハ」の音楽教室では、幼児期の聴力開発を目的としたカリキュラムに取り組んでおり、「聴く」ことに重点をおいたレッスンを行っています。

一気に心や体が成長してくる幼児期に、聴く、歌う、体で表現するなどの方法で音楽に触れさせることで、感受性、想像力、表現力、積極性などの発達によい影響を与えます。さらに子ども自身も、自然と音楽に触れるようになります。

 

しかし幼児教育で行う音楽は、何も教室に通わせて音楽や楽器に触れさせるだけが、全てではありません。一人で歌う、複数人で一緒に歌う合唱、手拍子を叩くというだけでも立派な音楽です。そのような手軽に始められる、幼児の音楽に関する書籍も多数出版されており、ご自宅で子供と一緒に楽しむことができます。

 

そこで今回ご紹介したいのが、ケロこと増田裕子とポンこと平田明子のスーパーデュオ『ケロポンズ』の著書「ケロポンズのあそびねた」です。

ケロポンズは1999年6月に結成し、笑い・歌・遊び・体操など何でもありの、親子で楽しめるコンサートを中心に全国で活躍しています。他にも、保育士や先生、保護者を対象としたケロポンズオリジナルの遊びやミュージックパネルや遊びなど、実際の保育に役立つセミナーをコンサート形式で開催したりしています。

本書は、ケロポンズが月刊「クーヨン」で2年間連載していた記事を1冊にまとめたもので、あそびうたや体操以外にも、ごっこ遊びや造形、オペレッタ(ここではお遊戯のような軽歌劇のことを指す)など、親子で楽しめる遊びのネタがたくさん詰っています。

 

感性豊かな子に育てたい方、現在保育士や教師など子供と触れ合う現場で働いている方にオススメな、幼児教育の幅を広げてくれる一冊です。音楽を使った幼児教育をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。