有名講師5,000余名による講演/経営者セミナー情報/社員研修 コンサルティングサポート

  • 協会トップ
  • サイトマップ
  • お問合せについて
中堅・中小企業の繁栄の力となる JMDA 日本経営開発協会 03-3249-0666/KMCA 関西経営管理協会 06-6312-0691
お気軽にお電話ください。電話受付時間:9:00〜18:00(土・日・祝日は休暇/メールは24時間受付中)
講演依頼 60余年の歴史と実績 講演企画のプロが講演会の成功をお約束します・5,000余名におよぶ多彩なジャンルの講師陣。・講師選定からアフターフォローまで徹底サポート。

新着情報

向上心、そして愛を忘れない横綱・白鵬

白鵬

横綱である白鵬(27)が8日、奈良・桜井市の月山日本刀鍛錬道場で太刀の打ち込みを行いました。最近、不調が続いている白鵬ですが、鎌倉時代から続く刀工・月山家に訪れたことはとても有意義なものになったようです。

奈良県無形文化財の貞利氏(66)に所作を教わりながら、刀の元になる鋼を打ち込み、鋼を何度も熱し、たたいて不純物を取り除くという行為を「鍛錬」と呼ぶそうですが、これは相撲における鍛錬にも似たものがあったのでしょう。

白鵬はこの作業について「刀作りから学ぶことはたくさんある。私ももっと心を成長させたい。いい経験をさせてもらった」と神妙な表情で話していました。打ち込み後は、相撲発祥の地といわれる相撲神社を訪問し、太刀は来秋完成する予定とのことです。また太刀は、土俵入りで実際に使用されるとのこと。この太刀が白鵬にどういった影響を及ぼすのかが見ものですね。

もはや相撲界では最強ともまで呼ばれるようになった白鵬は、とにかく一門を大切にすることで知られています。一門を語るような名言としては以下のものがあります。

「全国行脚? それもいいかもね。一門で一緒にできたらいいね」

「それだったらいいかもね。一門を挙げていろんなところに行ければ」

そして、堺を愛していることでも知られ、その思いもとても強いようです。

「大阪に来て良かった。応援の力はものすごいものを感じる。あらためてファンあってわれわれがいる 大阪に来てよかった。去年の名古屋場所から(ファンの)強い思いを感じている。改めて、ファンがあって、われわれがいると思う」

「堺は第2のふるさとのような感じ。(春場所が中止になり)相撲界も色々あるけど、元気をもらった」

周囲を大切にし、相撲を何よりも大切にしているからこそ、最高の結果につながっているのではないでしょうか。そして、相撲道に対して純粋で、妥協をしなかったことが今の白鵬を作り上げたと思います。

そんな白鵬が2012年12月13日(木)に東京都 新宿文化センター大ホールにて、「夢と怒涛の人生」と題し、講演会を行います。彼の怒涛の人生を知るいい機会だと思うので、気になった方はチェックしてみてください。