有名講師5,000余名による講演/経営者セミナー情報/社員研修 コンサルティングサポート

  • 協会トップ
  • サイトマップ
  • お問合せについて
中堅・中小企業の繁栄の力となる JMDA 日本経営開発協会 03-3249-0666/KMCA 関西経営管理協会 06-6312-0691
お気軽にお電話ください。電話受付時間:9:00〜18:00(土・日・祝日は休暇/メールは24時間受付中)
講演依頼 60余年の歴史と実績 講演企画のプロが講演会の成功をお約束します・5,000余名におよぶ多彩なジャンルの講師陣。・講師選定からアフターフォローまで徹底サポート。

新着情報

台湾人経営者の日本への思い「日本企業は顔が見えない」

日本企業は顔が見えない

この度、フジサンケイビジネスアイが、台湾の台中地区の中小企業を対象としたヒアリングを行ったのですが、そこでは興味深い台湾人経営者のストレートな声を聞くことができたようです。結論からすれば、今回のヒアリングは日本の可能性を十分に感じることができたことと、台湾人経営者たちが日本に対する熱い思いを持っているということでした。

フジサンケイビジネスアイとしても、これは予想以上の収穫だったようで、非常の価値のあるヒアリングになったようです。では、台湾人経営者たちが見せた日本に対する熱い思いとはどういったものなのでしょうか。

ヒアリングによると、台湾人経営者は次のようにコメントしたようです。

「私たちはもっと日本企業と協力してやっていきたい。そのためにも日本企業はもっと自社の『強み』を主張すべきだ」

日本を信頼しているのは事実なものの、まだ押しが弱いと感じているようです。さらには「日本企業は『顔』が見えない。誰が責任者なのか、誰が決定権を持っているのか。権限と責任が曖昧だ」といったコメントもあったようです。

特に日本企業は顔が見えないというコメントは間違いではないような気がします。だからこそ、日本企業は今後、組織力やチームワークを強化していく必要があるでしょう。そして、日本企業の「強み」が十分に生かされるようにビジネスをしていくことが重要だと思います。

「世界とは鏡のようなもの。 それを変えるにはあなたを変えるしかない。」
アレイスター・クロウリー

この名言のように実行したいなら、3月15日から開催される世界No.1マーケティングコンサルタント ジェイ・エイブラハム氏の来日講演会がおすすめです。生き残れる会社戦略術と称し、本物の経営論を学ぶことができるでしょう。

すぐに完売となってしまう可能性もあるので、お早めの予約をおすすめします。