有名講師5,000余名による講演/経営者セミナー情報/社員研修 コンサルティングサポート

  • 協会トップ
  • サイトマップ
  • お問合せについて
中堅・中小企業の繁栄の力となる JMDA 日本経営開発協会 03-3249-0666/KMCA 関西経営管理協会 06-6312-0691
お気軽にお電話ください。電話受付時間:9:00〜18:00(土・日・祝日は休暇/メールは24時間受付中)
講演依頼 60余年の歴史と実績 講演企画のプロが講演会の成功をお約束します・5,000余名におよぶ多彩なジャンルの講師陣。・講師選定からアフターフォローまで徹底サポート。

新着情報

オネエ語りだけど染みてくる 水無昭善 著「つらい時は「やってらんな~い」って叫べばいいのよ」

つらい時は「やってらんな~い」って叫べばいいのよ

オネエブームのなか、住職までオネエがいるの?と話題になりました。その住職とは、水無昭善さんです。「笑っていいとも!」への出演をきっかけに、オネエ言葉に歯に衣着せぬ発言が話題となり、メディアでも大人気の住職になりました。水無さんに付けられたあだ名は“おネエすぎるお坊さん”。もはや、こちらの名前で誰か理解できると言ってもいいかもしれません。

ただし、単なるオネエ住職ではありません。恋愛に関するものから生き死にかかわる深刻な相談に応え、その相談者は、老若男女・企業の経営者などトップを極めた方まで様々だと言います。それほどまでに水無さんに頼りたいという人が多く、メディア出演はもちろんのこと、相談、講演会など多岐に渡る活動を行っています。

軽妙な語り口で真理をつく説法が評判を呼んでおり、今では全国から相談者が後を絶たないそうです。そんな水無さんの著書といえば、「つらい時は「やってらんな~い」って叫べばいいのよ」です。タイトルからして、何か大丈夫かな・・・と思ってしまいますが、本当に内容が濃い1冊になっています。

女性の悩みを解消するための人生の指南書となっている本書ですが、男性が読んでもおもしろく、興味深い内容になっていると思います。

悩んで生きても、楽しく生きても、この人生は1回きりをコンセプトにしており、オネエ阿闍梨のガールズ説法でみーんな幸せといったラフなキャッチフレーズが少々拍子抜けさせるのですが、読み始めると完全に水無さんの世界に取り込まれます。これが人気の所以でしょうね。

どのようにすれば、ハッピーに生きることができるのか。これが最大のテーマになっています。人生で苦難続きという人や恋愛に悩みっぱなしの人生という人は必読でしょう。

 

「つらい時は「やってらんな~い」って叫べばいいのよ」レビュー

著者の水無昭善氏は20代の若さながら、高野山真言宗において阿闍梨の称号を持つ高僧です。2009年末にテレビ番組『笑っていいとも!』の人生相談コーナーに、「オネエ過ぎるお坊さん」として登場以来、本物の高僧なのにオネエキャラで人気沸騰。

本書は、そんな水無氏による初の著書です。女性たちのさまざまな悩みに、仏教の教えをもとに答える人生指南本です。一読すれば前向きに生きてみようと思える内容となります。