有名講師5,000余名による講演/経営者セミナー情報/社員研修 コンサルティングサポート

  • 協会トップ
  • サイトマップ
  • お問合せについて
中堅・中小企業の繁栄の力となる JMDA 日本経営開発協会 03-3249-0666/KMCA 関西経営管理協会 06-6312-0691
お気軽にお電話ください。電話受付時間:9:00〜18:00(土・日・祝日は休暇/メールは24時間受付中)
講演依頼 60余年の歴史と実績 講演企画のプロが講演会の成功をお約束します・5,000余名におよぶ多彩なジャンルの講師陣。・講師選定からアフターフォローまで徹底サポート。

新着情報

「型」を身につけて判断力を養おう 飯田泰之著「思考の『型』を身につけよう 人生の最適解を導くヒント」

判断力

誰もが夢見る、物事の「最適解」。書店に行けば、どのようにすれば最適な判断が下せるかを説くノウハウ本が山積みされ、その多さに辟易した方も多いのではないでしょうか? 「どれを選んだら良いのかわからない」このような悩みを抱えているビジネスマンにおすすめなのが、「リフレ派」若手経済学者である飯田泰之氏の著書「思考の『型』を身につけよう 人生の最適解を導くヒント」(朝日新書)です。

同書には、経済学で用いる手法をベースに合理的で最適な判断をするためのヒントが満載です。経済学という言葉自体に「難解」というイメージを持っている方もいると思いますが、ごく普通の人にも分かるように噛み砕いて解説されています。ロジカルシンキングを超える新しい発想法として注目を集めています。

著者の飯田氏は、経済学者で、専門は経済政策・マクロ経済学。現在は、明治大学政治経済学部准教授とともに財務省財務総合政策研究所上席客員研究員でもあります。リフレ派の論客としてテレビなどマスコミでも活躍中です。

思考決定に関する本というと、どうしてもノウハウ本をイメージしてしまいますが、本書を読むとそのイメージは大きく覆されます。

 

ゴールにたどり着くための道具を手にするとは

飯田氏は、本書を「奇抜なアイデアを出すためのマニュアルや、ある日から突然論理的になる特効薬を提供するためのものではありません。本書の目標は、皆さんが『考える』を始めるにあたっての出発点、そして思考という活動を行う際の基本的な型を提供することにあります」と紹介しています。

前半でロジカルシンキングによるアプローチ方法をおさらいし、その後、経済学特有の「型」である「問題を目的・制約・最適化の3つのステップで考える方法」を身につけるための「型稽古の大切さ」を説いていきます。

飯田氏は著書の中で「武道は、何度も同じことを繰り返すことで、体が基本の動きを覚えるようになります。動きを覚えて初めて応用が利くようになり、試合で相手の動きに対応できるようになります。型を身につけていないと自分がどのように動いていいのかもわからないでしょうし、当然相手の動きを見極めることもできません」といい、「思考の型を持っていたら、少なくとも問題解決のために『どこから手をつけていくか』を考えることができる。そう考えると、思考の型を身につけるとは、『現実の問題に対して解決のための切り口を見つけ、ゴールにたどり着くための地図を描くための道具を手にする』ことのように思う」と述べています。

 

本書を読むことで、「物事を多方面から観察し、総合的に判断する」ことや、経済学の知識を縦横無尽に駆使した「経済モデルを自分の行動のヒントにする」など経済学から見た「世の中のとらえ方」を理解することができます。