有名講師5,000余名による講演/経営者セミナー情報/社員研修 コンサルティングサポート

  • 協会トップ
  • サイトマップ
  • お問合せについて
中堅・中小企業の繁栄の力となる JMDA 日本経営開発協会 03-3249-0666/KMCA 関西経営管理協会 06-6312-0691
お気軽にお電話ください。電話受付時間:9:00〜18:00(土・日・祝日は休暇/メールは24時間受付中)
講演依頼 60余年の歴史と実績 講演企画のプロが講演会の成功をお約束します・5,000余名におよぶ多彩なジャンルの講師陣。・講師選定からアフターフォローまで徹底サポート。

新着情報

「地球村」代表高木善之が、環境と平和・社会問題や生き方など数々の講演で語る

「地球村」代表高木善之が、環境と平和・社会問題や生き方など数々の講演で語る

NPO法人ネットワーク『地球村』代表の高木善之 (たかぎ よしゆき)氏は、講演や研究などを通じて「美しい地球を子どもたちに」と呼びかけています。これまで3,300回もの講演を行い、少人数のセミナーを合わせるとその数は1万回以上。視聴者数は合計で200万人を超えるといいます。

特に「美しい地球を子どもたちに」「温暖化と私たちの未来」など、地球環境に関する講演は今後の私たちにとって避けては通れない大切なテーマといえるでしょう。2010年3月の東日本大震災で浮き彫りになった「原発問題」は、国の取るべき対策を国民全体から見守られる状態ですが、高木氏の活動はこうした問題にも深く関わっており、多くの団体から注目を集めています。

例えば高木善之氏が2012年11月に新潟市で行った講演「原発と地球環境 ~わかりやすい脱原発の話~」では、次のような問いかけがされました。

・「放射能は年○○ミリシーベルト以下なら大丈夫」って本当か?

・ほとんどの原発が止まったのに、電気が使えたのはなぜ?

・原発の代わりになる発電方法は?

・子どもの将来が心配なんだけど・・・私たちはどうしたらいいのか?

日本に住む者にとっては、誰もが聞きたいテーマといえるでしょう。まさに、社会的問題を深く追求するものとなっています。高木氏は1991年に設立したネットワーク『地球村』を通じて、東日本大震災の復興支援活動や国内外の緊急支援活動・難民救助活動も行っているのです。

そんな高木氏は、大阪大学卒業後に松下電器(現パナソニック)へ技術者として勤務。順風満帆の人生と思われていましたが、バイク事故を起こして生死の淵をさまよいました。その経験が、人生観の転機になったと言います。高木氏は当時のことを、「『みんなの幸せこそが、本当の幸せ』で、『みんなの幸せこそが、自分の幸せ』との考えに辿り着き、『その実現のために、絶対に社会復帰するんだ!』と思った」と語っています。医師からは一生半身不随で車椅子の生活と言われたのですが、その決意を胸に体は少しずつ回復し、奇跡の復活を遂げました。

高木氏は、真の平和とは対立を捨てることであり、これを「非対立」であると定義しています。飢餓や貧困、戦争、環境破壊などのない「永続可能な社会」を、非対立を基本として実践しようとしているのです。我慢や諦めなど消極的になるのではなく、積極的に手を差し伸べ、強力に平和を推進・実現していくことが非対立だといえるでしょう。

2月9日(土)、東京都渋谷区日本デザイナー学院9階教室で高木氏は環境講演会「永続可能な社会~自分たちで作る希望ある未来~」を開催します。これは環境問題を扱った授業後、「こんな大切な話、今までの授業では聞いたことがなかった」と切実に語る生徒たちに、有意義な機会を提供したいとの思いから鹿島学園関係者が主催する講演です。きっと、ここでしか聞けない貴重な話が繰り広げられることでしょう。