湯川 れい子

湯川 れい子(ゆかわ れいこ)

作詞家/音楽評論家

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「私と音楽との出会い~音楽と出会って得たこと、学んだこと~」

略歴

東京目黒で生まれ、山形県米沢で育つ。
昭和35年、ジャズ専門誌 『スウィング・ジャーナル』への投稿が認められ、ジャズ評論家としてデビュー。
その後、17年間に渡って続いた 『全米TOP40』(旧ラジオ関東・現ラジオ日本)を始めとするラジオのDJ、
また、早くからエルヴィス・プレスリーやビートルズを日本に広めるなど、独自の視点によるポップスの評論・解説を手がけ、世に国内外の音楽シーンを紹介し続け、今に至る。
また、作詞家としては、代表的なヒット曲に『涙の太陽』、『ランナウェイ』、『ハリケーン』、『センチメンタル・ジャーニー』、『ロング・バージョン』、『六本木心中』、『あゝ無情』、『恋におちて』などがあり、「FNS歌謡祭音楽大賞最優秀作詞賞」、「JASRAC賞」、「オリコン トップディスク賞作詞賞」など、各レコード会社のプラチナ・ディスク、ゴールド・ディスクを数多く受賞。NHKで放映された手塚治虫アニメ主題曲『火の鳥』、WFP(国連食糧計画)支援のゴスペル曲『きずな』がスペシャルオリンピックス日本のサポート・ソングになり、話題を呼ぶ。
またディズニー映画「美女と野獣」「アラジン」「ポカホンタス」「ターザン」などの日本語詞も手がけている。
2004年10月には、聖路加国際病院名誉院長・理事長の日野原重明氏と共に、音楽が持つ根源的な力を医学、精神、芸術等様々な角度から分析し、分かりやすく解いた初の対論集 『音楽力』(海竜社)が発売され、既に五版目に入っている。
また、2005年12月には、音楽評論家生活45年、作詞家生活40年を記念して、「湯川れい子のロック50年」(株式会社シンコーミュージック・エンタテインメント)が出版された。

主な講演テーマ

「音楽から見えてくる平和・健康・育児」
「もっと楽しく、幸せに生きる方法」
※サイン会の対応可能です。ご相談ください。

主な文化活動

・日本音楽著作権協会(JASRAC) 評議員・評議員会議長
・日本作詩家協会 会長
・日本音楽療法学会 理事
・日本レコード大賞 審査委員長
・環境省中央環境審議会 臨時委員
・(財)国民休暇村 評議員
・(財)水と緑の惑星保全機構 評議員
・(財)化学物質評価000研究機構 評議員
・(財)2001年財団 理事
・(財)せたがや文化財団 理事
・(社)日本大衆音楽文化協会 理事
・国連世界食糧計画WFP協会 顧問
・東京スクール・オブ・ミュージック専門学校 名誉校長
・大阪スクール・オブ・ミュージック専門学校 名誉校長
・福岡スクール・オブ・ミュージック専門学校 名誉校長
・名古屋スクール・オブ・ミュージック専門学校 名誉校長
・仙台スクール・オブ・ミュージック専門学校 名誉校長
・NPO国際レインボー・ホーム 理事
・虹猫基金(Rainbow Cat Foundation) 代表
・NOAHS(Network Of Animals and Human Saving)副会長
・RAINBOW NETWORK 代表

<主な番組出演>

・FM横浜(木 23:30〜24:00)

<レギュラー執筆誌>

・スポーツ報知『洋楽エトセトラ』(報知新聞社)
・オリジナルコンフィデンス『音楽の旅』(オリコン)
・婦人公論(中央公論新社)
・ELVIS JAPAN(Elvis Presley専門誌)
・THE ELVIS(Elvis Presley専門誌)