経歴

1943:東京都に生まれる
1966:アジア発の早大エジプト調査隊を組織、現地に就く
1974:魚の丘遺跡彩色階段の発見
1982:クルナ村、貴族の墓より200体のミイラ発見
1991:ラムセス2世の第4王子カエムワセトの葬祭殿を発見
2005:ダハシュール北遺跡にて、青いミイラマスク着けた未盗掘・完全ミイラ「セヌウ」の木棺を発見
2007:親子ミイラが埋葬されている未盗掘墓を発見
2009:ラムセス2世の孫王女の墳墓を発見
2011:古代エジプト最古の大型木造船「第2の太陽の船」を発掘・復原するプロジェクトにおいて、第1の蓋石の引上げに成功
2012:第2の太陽の船の部材の一部の木片のサンプリングに成功

講演テーマ

古代エジプト文明の魅力
ピラミッド、スフィンクス、ミイラ、太陽の船…その他にも古代エジプトには興味深いキーワードが数多く存在します。語り尽くせぬその魅力についてお話いたします。

ピラミッドミステリーを語る
ピラミッドはファラオの墓なのか?!建造目的、建造方法、内部空間の様子など、いまだに解明されていない数々の謎をいろいろな観点から考えていきます。

エジプト文明からみた地球環境
古代エジプト文明というものは、ナイル川にダムや堤防を造らず、自然と人間が調和を目指した文明でした。古代文明の中の知恵を通して「循環型」世界について環境との関係を考えてみます。

夢を実現したい君たちへ
「夢」を持つこと、持ち続けることの大切さ、「夢」に向かって生きることの素晴らしさについて、自身の経験を基に訴えかけます。

実績

学校、法人向けイベント、セミナーでの講演会、市区町村主催の文化講演会等多数実績ございます。

専門分野

エジプト美術考古学、比較文明学、世界遺産学

講演の特徴

上記テーマ以外にも、講演会の全体の趣旨にあわせて、多方面にわたって講話可能です。ご相談下さい。

主な著書

『教授のお仕事』(文藝春秋)
『ミイラ発見!!―私のエジプト発掘物語』(アケト)
『ピラミッドの謎』(岩波書店)
『父の遺した言葉』(ポプラ社)
『世界一面白い 古代エジプトの謎』(中経出版)
『夢、一直線』(講談社)

講師公式ホームページ

http://www.egypt.co.jp/