八代 英輝

八代 英輝(やしろ ひでき)

元裁判官・国際弁護士/(日本及び米国ニューヨーク州ダブルライセンス)/日本スポーツ仲裁機構仲裁人

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「会社に役立つ法律の知識」
  • 「知っていると助かる法律豆知識」
  • 「消費者問題を考える」
  • 「消費者トラブルから暮らしを守る」
  • 「弁護士に学ぶ・ビジネス交渉術」
  • 「目的を達成させるためのコミュニケーション」

講演テーマ

【法律の知識】
「知っていると助かる法律豆知識」
「会社に役立つ法律知識」
「消費者問題を考える」
「消費者トラブルから暮らしを守る」

【コミュニケーション・交流術】
「弁護士に学ぶ・ビジネス交流術」
「目的を達成させるためのコミュニケーション」

略歴

1964年7月8日 東京生まれ
1988年慶応義塾大学法学部を卒業後、司法試験に合格。
2年間の最高裁判所での研修の後、裁判官に任官。
札幌地方裁判所刑事部、大阪地方裁判所、大阪家庭裁判所を歴任。
1997年に裁判官を退官し、東京弁護士会に弁護士登録。
以後、国際取引法、知的財産権法および会社関係法の案件を多く手がける。

2001年、米国コロンビア大学ロースクールに留学し修士課程修了後、米国司法試験(ニューヨーク州)に合格。
全米法律家協会、ニューヨーク州弁護士会各知的財産権部に所属し、
ウォール・ストリートで170年以上の歴史をもつHughes Hubbard & Reed 法律事務所に勤務。
同事務所日本オフィスの責任者の一人として、日本と米国間を往復。
秋より本拠地を東京に移し同事務所より独立、「八代国際法律事務所」開設。
ニューヨークでの人脈を活かし、複数の現地法律事務所と業務提携を結び、主に国際的な知的財産権ビジネスに携わる。

また、コンテンツビジネスに欠かせない著作権法や知的財産権法に精通した数少ない弁護士として、各方面で活躍し、大学院での教鞭もとる。

裁判官在任中の著名事件として、道庁職員夫婦殺害事件(死刑求刑、判決無期)、ウエシマ・リゾート汚職事件(一部無罪)等。
配属中、医療過誤事件を中心に知的財産権関連訴訟等また家庭裁判所では少年事件審判を担当。

専門分野

知的財産権法、著作権法、国際契約法、医療過誤訴訟、会社関係及び民事、刑事訴訟一般

テレビ出演

TBS系「サンデージャポン」 「ひるおび!」
日本テレビ系「スッキリ!!」 「世界一受けたい授業」「The ワイド」「news plus1」「サルヂエ」
MBS 「ちちんぷいぷい」
YTV 「浜田警察24時」
フジテレビ 「とくダネ!」「プレミアA」「平成教育委員会」「ネプリーグ」「クイズ!ヘキサゴンⅡ」
テレビ朝日「ワイドスクランブル」「サタデースクランブル」「スーパーモーニング」「Qさま」
TBS 「所さんのアウトor セーフ」(出演監修)「島田検定!!」「クイズ!日本語王」「オールスター感謝祭」
NHK 「迷宮美術館」「クイズモンスター」
他出演多数

著書

『エフェクティブ・タイム・マネジメントー仕事を最大に効率化する 八代式15分間仕事術』 (日本文芸社 2009年9月8日)
『八代英輝の会社で役立つ法律知識Q&A』 (KKロングセラーズ 2008年4月)
『交渉の論理力』 (日本文芸社)
『八代英輝の会社で役立つ法律知識Q&A』 (KKロングセラーズ)
『コンテンツビジネスによく効く著作権のツボ』 (河出書房新社)
『コンテンツビジネス・マネジメント』 (東洋経済新報社)
『日米著作権ビジネス・ハンドブック』 (商事法務)
『日米比較でわかる米国ビジネス法実務ハンドブック』 (中央経済社)
『遺伝子特許戦略』(中央経済社:共著)