山本 隆弘

山本 隆弘(やまもと たかひろ)

元全日本バレーボール日本代表(北京五輪出場)

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「『意志力』~高い志と真のプロフェッショナル~」
  • 「勝てる組織のチームワーク~チーム力を最大化する方程式」
  • 「挑戦と自己成長~オリンピック出場経験より~」
  • 「夢、目標に向かって~挑戦することの大切さ~」

略歴

1978年7月12日生まれ。鳥取県出身。中学一年でバレーを始め、その後、バレーボールの名門鳥取商業高校へ進学。一年からレギュラーに抜擢され、全国大会に出場。バレーボール全日本ジュニア代表や全日本ユース代表にも選出される。その後、日本体育大学に進学し、全日本代表に選出され、2000年4月の日米対抗戦でエースとしを日本デビューを果たす。卒業後は松下電器産業株式会社に入社し、パナソニックパンサーズに所属する。サウスポーから繰り出す強烈なスパイクを武器に、2003年のワールドカップでは、ベストスコアラーとMVPを獲得するなど日本のエースとして活躍する。2004年日本人バレーボール選手としては初めてプロ契約を結び、プロバレーボール選手となる。そして日本中の期待を背負って臨んだアテネオリンピック予選、惜しくも本大会への出場は逃してしまった。その後、2年ほど日本代表から離れるが、2006年に代表復帰。アテネの雪辱に燃える。2008年の北京オリンピック。見事チームを本大会へと導いた。2011年のロンドンオリンピック日本代表にもチームのまとめ役として日本代表に選出。2回連続のオリンピック出場を目指したが、予選敗退で本大会出場は叶わなかった。2012/2013年シーズンをもって現役を引退。バレーボールで培った経験を生かし、バレーボールの解説や普及活動、メディア出演等で活躍中。2013年Vリーグの排球アンバサダーに就任。2015年シティセールススペシャルサポーター。

講演テーマ

「『意志力』~高い志と真のプロフェッショナル~」
山本隆弘の座右の銘が「志ある所に道ありき」。この言葉にあるように、高い志を持って、バレーボール人生を歩んできました。日本人バレーボール選手として初めてプロ契約を交わし、日本人初となるワールドカップMVPを受賞。また全日本男子バレーボールとしては16年ぶりになる北京オリンピックに出場するなど輝かしい実績を持つ。しかしバレーボールを一度や辞めた時期があり「ガラスのエース」とも呼ばれ、けして順風満帆ではなかったバレーボール人生。どのように高い志を持って取り組んできたか、その意義を伝えます。

「勝てる組織のチームワーク~チーム力を最大化する方程式」
人材やノウハウが十分に整っているにも関わらず、思うような結果が出ないこともあります。なぜ個々の能力に問題がないのに、他の組織やチームに負けてしまうのか。その答えはチームワークにあります。個々の能力に合わせてチームの力を最大化する過程に問題があるのです。日本代表をはじめ様々なチームの一員として勝利を獲得した経験より「勝てる組織の方程式」をお伝えします。

「挑戦と自己成長~オリンピック出場経験より~」
どんなスポーツでも、自分の技術を高め、ライバルに勝つためには厳しい練習が必要です。オリンピックという大舞台を目指すなら、それはなおさら。20年のバレーボール人生には喜びだけでなく、苦しみも多くありました。「なぜ、こんなにつらい練習をしなければならないのか?」という疑問が頭をよぎり、思わず弱音を吐いてしまうこともありました。しかし、今振り返ると、その経験こそが成長の種でした。つらい中でも自身やチームの課題を見つけ、乗り越えていくことが自己成長となり、やがては飛躍へとつながるのです。このテーマでは、オリンピックへの挑戦で体感した高みを目指す意義、そして自己成長についてお話しいたします。

「夢、目標に向かって~挑戦することの大切さ~」

受賞

MVP(2003年ワールドカップ)※日本人史上初
ベストスコアラー(2003年ワールドカップ)
最高殊勲選手賞(2007/2008年シーズン V・プレミアリーグ)
ベスト6賞(計3回受賞)
クロッキー賞(第54回黒鷲旗)

主な競技実績

2007/2008年 シーズン V・プレミアリーグ優勝
2009/2010年 シーズン V・プレミアリーグ優勝
2011/2012年 シーズン V・プレミアリーグ優勝

2009年度 天皇杯 優勝
2011年度 天皇杯 優勝

2009年度 黒鷲旗 優勝
2010年度 黒鷲旗 優勝

メディア出演

<テレビ>
CX「ジャンクSPORTS」「すぽると!」「とくダネ!」「アスリートの食卓」
TBS「はなまるマーケット」「Jスポ新年会」「朝ズバッ!」
NTV「ズームイン!!SUPER」

<ラジオ>
MBS「亀スポ」

<雑誌>
「ヤングジャンプ」、「Number」、「ぴあ」