渡部 昇一

渡部 昇一(わたなべ しょういち)

上智大学名誉教授

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 21世紀の日本を考える
  • 日本を学ぶ~日本人の自信と誇りを取り戻すために
  • これからの経営戦略-日本的経営とリーダーシップ
  • 歴史に学ぶ、未来を拓く

経歴

1930年 山形県鶴岡市に生まれる
1948年 山形県立鶴岡中学校卒業
1949年 山形県立鶴岡第一高等学校卒業
1949年 上智大学文学部英文科に入学
1953年 同上卒
同大学大学院西洋文化研究科入学
1955年 同上修士課程卒業
同上助手任命
ドイツ・ミュンスター大学留学
1958年 ドイツ・ミュンスター大学留学よりDr.Phil(哲学博士号)を受ける。
イギリス・オックスフォード大学ジーザス・カレッジ寄託研究生となる。
1960年 上智大学文学部英文科講師
規定により助教授を経て教授になる。
その間、英文学科長、大学院研究主を二期勤める。
その間、Fulbright-Hayes法によるVAPP教授として
New Jersey、North Carolina,Missouri,Michigan各州の
6大学において半学期ずつ一年間講義(1968〜69)
2001年 上智大学名誉教授となる。

≪この間に勤めた学会役職、政府委員等≫
日本英文学会理事・評議員(8期)、国語審議委員、
臨時教育審議会専門委員(大学・専門校)、大蔵省税制調査会特別委員、
通産省産業構造審議委員会臨時委員、日本・インド親善協会理事長等

現在

イギリス国学協会会長、日本ビブリオフィル協会会長、
日本財団理事、グレイトブリテン・ササカワ財団理事、野間教育財団理事、
日本ウエルエージング協会理事、日本科学協会理事

受賞

第24回日本エッセイストクラブ賞(1976年)『腐敗の時代』
第1回正論大賞(1985年)
ドイツ・ミュンスター大学名誉哲学博士を授与される
(「卓越せる学問的貢献の故に」)(1994年)

講演テーマ

1‐人間の知力について
2‐本人の体質と近未来への展望
3‐怪しげな時代を迎えて
4‐パラダイムの崩れるとき(変わるとき)
5‐指導力の研究
6‐日本の教育問題について
7‐参謀とリーダー
8‐世紀末の回顧と展望
9‐サッチャリズムの勝利
10‐日本のマスコミについて
11‐「日はまだ昇る」
12‐かくて歴史は始る
13‐日本の繁栄は揺るがない
14‐問われる世界に於ける日本の役割
15-国際社会と日本-21世紀の日本を考える
16-国外経済の展望
17-これからの経営戦略-日本的経営とリーダーシップ
18-どうなるこれからの日本
19-21世紀日本の栄える王道
20-日本を学ぶ~日本人の自信と誇りを取り戻すために
21-かくて皇統に憂いなし
22-歴史に学ぶ、未来を拓く

主な著書

『日本人の成功法則』 (フォレスト出版)
『知的余生の方法』 (新潮社)
『「名将言行録」を読む―人生の勝敗を決める知恵の書』 (致知出版社)
『歴史に学ぶリーダーの研究』 (致知出版社)
『歴史から壊れていく日本』 (徳間書店)
『論語活学』 (致知出版社)
『国民の見識―誇りと希望のある国を取り戻すために』 (致知出版社)
『日本、そして日本人の「夢」と矜持』 (イースト・プレス)
『日本の歴史(全7巻)』 (ワック)
『裸の総理たち32人の正体』 (フォレスト出版)
『日本の歴史を解く9つの鍵 古代~幕末編』 (海竜社)
『渋沢栄一 人生百訓―真の成功にいたる道』 (致知出版社)
『日本を讒(ざん)する人々』 (PHP研究所) 共著/金美齢・八木秀次
『「自分の世界」をしっかり持ちなさい!―「強い自分」に脱皮するために』 (イーストプレス) 
『組織を生かす幹部の器量 宋名臣言行録に学ぶ』 (致知出版社) 
『すごく「頭のいい人」の生活術』 (三笠書房) 
『日本を賤しめる「日本嫌い」の日本人―いま恐れるべきはジパノフォビア』 (徳間書店) 
『なでしこ日本史』 (扶桑社) 
『語源力―英語の語源でわかる人間の思想の歴史』 (海竜社) 
『日本人ならこう考える』 (PHP研究所) 共著/養老 孟司
『日本は「侵略国家」ではない!』 (海竜社) 共著/田母神 俊雄
『強い日本への発想―時事の見方を鍛えると未来が見える』 (致知出版社) 共著/日下 公人・竹村 健一
『ローマの名言一日一言―古の英知に心を磨く』 (致知出版社) 
『上に立つ者の心得―『貞観政要』に学ぶ』 (致知出版社) 共著/谷沢 永一
『国、死に給うことなかれ 国家なくして日本なし』 (徳間書店) 
『自分の品格』 (三笠書房) 
『四書五経一日一言―志を高め運命を高める』 (致知出版社) 
『知っておくべき日本人の底力』 (海竜社) 
『楽しい読書生活』 (ビジネス社) 
『時流を読む眼力』 (致知出版社) 
『国民の教育』 (扶桑社) 
『完訳 紫禁城の黄昏(上) (下)』 (祥伝社) R.F.ジョンストン著
『学ぶためのヒント』 (祥伝社) 
『運命を高めて生きる―新渡戸稲造の名著『修養』に学ぶ』 (致知出版社) 
『年表で読む日本近現代史』 (海竜社) 
『日本史から見た日本人』 (祥伝社) 
『知的生活の方法』 (講談社) 
『腐敗の時代』 (文藝春秋)
他多数