宇津木 妙子

宇津木 妙子(うつぎ たえこ)

元・ソフトボール日本代表監督/ルネサスエレクトロニクス高崎  女子ソフトボール部 シニアアドバイザー

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「夢と人生〜オリンピック2大会連続メダル獲得の軌跡〜」
  • 「練習は裏切らない」
  • 「努力は裏切らない」
  • 「スポーツにおける女性の時代」
  • 「メダルへの挑戦-勝つためのチームづくり-」
  • 「人を育てるリーダーの条件」

略歴

1953年 埼玉県生まれ。
埼玉・川島一中からソフトボールを始め、星野女子高を経て実業団「ユニチカ垂井」でプレー。
1974年 世界選手権出場
1985年 現役を引退。その後、日立高崎監督として全日本総合選手権で5度、日本リーグでも3度優勝。
ジュニア日本代表コーチを経て、
1990年 日本代表監督に就任
1996年 日本代表コーチとしてアトランタ五輪参加
1997年 日本代表監督に復帰
1998年  世界選手権で銅メダルを獲得
2000年  シドニー五輪では銀メダル獲得
2004年 アテネ五輪で銅メダル獲得。9月、日本代表監督を退任
2008年 北京五輪解説者
2009年  ルネサステクノロジ(現ルネサスエレクトロニクス)高崎事業所シニアアドバイザー就任
2010年 東京国際大学女子ソフトボール部総監督に就任
2011年 NPO法人ソフトボール・ドリーム設立
2014年 世界野球ソフトボール連盟理事に就任
2015年 ビックカメラ女子ソフトボール高崎シニアアドバイザーに就任
現在は2020年東京オリンピックへのソフトボール競技の復活活動や、競技の普及に尽力している。

講演例

「夢の実現 ~努力は裏切らない~」
「チームビルディング ~“人財”を育て、自分が育つ~」
「夢と人生 ~何事にも真正面から向き合うこころ~」
「より良いチーム(組織)を作るために」
「人を育てるリーダーの条件」

選手を育てる時に必要なこと、大切なこと。目標を持つことの大切さや指導者としての在り方、責任についての講演は、大変含蓄があり更に感動のあるお話で、人材育成や子育てにも通じると好評である。

著書

「金メダルへの挑戦!〜シドニーからアテネ、そして北京へ」 (2004/09) 学陽書房
「努力は裏切らない」 (2004/07) 幻冬舎
「宇津木妙子ソフトボール入門〜レベルアップのための基本技術と勝つための戦術」
(2001/12) 大泉書店
「女は女が強くする」 共著 (2001/07) 草思社
「チームワーク〜心を一つにして」 (2001/06) 学陽書房