都築 幹彦

都築 幹彦(ツヅキ ミキヒコ)

元ヤマト運輸株式会社 取締役社長

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「経営環境の変化にどう対応するか」
  • 「お客(市民)の立場に立って考えよう」
  • 「どん底から始まった改革」
  • 「発想の転換で会社(役所)を変える」
  • 「新しい需要創造とビジネスチャンス」
  • 「常識ほど当てにならないものはない」
  • 「革新のための規制との闘い」
  • 「潰れる会社、生き残っていく会社」
  • 「不況の時こそ、チャンス」
  • 「危機と成長」
  • 「新規事業、成功と失敗の要因」
  • 「信頼こそ商品である」
  • 「不況時のいま、経営者の役割は何か」
  • 「あなたの会社は大丈夫か」
  • 「常に問題意識を持って発想の転換を」

昭和4年1月27日東京都に生れる。同25年慶應義塾大学経済学部卒業。
同年、ヤマト運輸株式会社に入社。以後、運輸畑ひと筋に歩む。

支店長を経て同48年取締役、常務取締役関東支社長、営業開発本部長、営業本部長、専務取締役を経て、同62年社長に就任。平成3年に会長、その後相談役をつとめ、平成7年退任。その間、東京路線トラック協議会会長などを歴任。現在、ヤマト運輸社友会会長。

常務時代の昭和51年に、反対する労働組合を説得し、当時の業界常識を破った国内初の「クロネコヤマトの宅急便」を開始した。厚い壁であった許認可問題等で、運輸省・郵政省・警察庁と折衝しながら、規制とたたかい、遂に47都道府県の免許を取得することによって全国翌日配達のネットワークシステムの基を作り上げた。

宅急便の取り扱い数量は、初年度170万個に過ぎなかったが、平成18年度は12億個を超し、ゆうパック・ペリカン便を大きく引き離して業界トップの位置を占めている。常にお客様の立場に立ったサービスを考え、ゴルフ宅急便・スキー宅急便・クール宅急便・コレクトサービスなどの時代のニーズに合った企画を次々に投入した。

平成2年に大ヒットしたアニメ映画「魔女の宅急便」の制作も手がけた。趣味はマジックで、東京アマチュア・マジシャンズクラブの17代会長をつとめている。榎本健一の甥。

これからの経営のあり方について、豊かな経営実践に基づき失敗談を含めながらのユーモアあふれる講演をする。

職歴

昭和25年10月 大和運輸株式会社
(昭和57年10月ヤマト運輸株式会社と改称)入社
昭和44年 3月 同社 開発部長
昭和46年 2月 同社 路線部長
昭和48年 3月 同社 取締役
昭和49年 2月 同社 常務取締役
昭和50年 4月 同社 常務取締役関東支社長
昭和52年 2月 同社 常務取締役営業開発本部長
昭和56年 4月 同社 常務取締役営業本部長
昭和58年 2月 同社 代表取締役専務
昭和62年 6月 同社 代表取締役社長
平成 3年 6月 同社 代表取締役会長
平成 5年 6月 同社 取締役相談役
平成 7年 6月 退任

書籍

『どん底から生まれた宅急便』 日本経済新聞出版社 (2013年4月)