高砂 春美

高砂 春美(たかさご はるみ)

兵庫県 災害救援ボランティア、 紀州梅の里救助隊 阪神連絡事務局長、 (財)岡山県生活衛生営業指導センター災害時支援検討会会長、 人・まち・すまい研究所 防災研究員

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

メッセージ

阪神・淡路大震災時の混乱と復興の過程を通じて、避難所運営本部を立上げ、様々な困難や軋轢の中で、被災者の自立と地域の復興を目標に活動した経験は、東日本大震災後の被災地支援や避難所の自主運営支援、及びようやく動き始めた復興の場面で生きています。しかし、繰り返される自然災害での対応を見ていると、被災者側にも支援者側にも、災害の教訓が活かされていない場面が散見されます。行政には対応の限界がありますので、早い段階から外部の応援部隊を頼るべきですし、被災者は自らニーズを発信して、少しでも置かれた環境を改善していく努力をすべきです。どこかで災害が起これば、まだまだ現役として救援に向かいます。これまでの経験を少しでも社会に還元する役割を果たして行きたいと考えています。これは、阪神・淡路大震災の際に全国から受けたご支援に対する「恩返し」でもあります。

概要

1945年    福岡県出身
1963年4月  エーラインアマノ株式会社入社(東京都墨田区)
1973年4月 魚崎町子供会連絡協議会会長 就任
13団体理事委員 就任
1983年6月 有限会社高砂流通 設立 代表取締役 就任

平成7年の阪神・淡路大震災発生当時は、運送事業を経営する一方、魚崎町子ども会連絡協議会会長(11団体子ども会)、自治会役員、民生児童委員、児童館理事等を兼務する地域リーダーとして活動していた。
震災直後は、自身も被害を受けながら、いち早く避難所である神戸市立魚崎小学校にかけつけ、避難所の運営本部長として避難者のケアから不足物資の入手、ボランティアの受入れと管理、及び復興に到る長期間の活動を、常にリードした。
2007年7月に発生した中越沖地震発生後は、同救助隊の支援活動の一環として柏崎市に入り、ボランティアコーディネーターとして活動した他、同市の復興に向けた様々な指導をしている。
また、2008年6月に発生した岩手・宮城内陸地震、8月末の岡崎市豪雨の際にも、いち早く現地に入り、ボランティア活動の指導に当たっている。

この度の東日本大震災発生後は、南相馬市、気仙沼市、東松島市他で、避難所支援、ボランティアセンター運営支援、被災地調査、被災地ニーズの情報発信など活動中。

活動

兵庫県 災害救援専門ボランティア
紀州梅の里救助隊 阪神連絡事務所長
防災科学技術研究所 避難所運営マニュアル・訓練指導員
防災科学技術研究所 地域防災ネットワーク委員
(財)岡山県生活衛生営業指導センター 災害時支援検討会会長

現在は、
兵庫県 災害救援ボランティア
紀州梅の里救助隊 阪神連絡事務局長
(財)岡山県生活衛生営業指導センター災害時支援検討会会長
人・まち・住まい研究所 防災研究員
として活動している。

研究報告

『大規模震災における避難所のあり方に関する研究報告書』 平成8年3月(財団法人あまがさき未来協会)

実績

魚崎町防災福祉コミュニティー災害時要援護者訓練(神戸市東灘区)/避難所体験研修会(大和郡山市)/神戸・台湾・四川被災地学生交流事業(神戸市)/成逸学区避難所防災訓練(京都市)/住民リーダー要請講座(杉並区)/行政職員向け研修(東京都江東区)/住民向け防災・減災講演会(鹿児島市)/避難所運営講演会(東京都足立区)/地域復興まちづくり講演会&訓練(東京都中央区)