田口 信教

田口 信教(たぐち のぶたか)

鹿屋体育大学 体育学部教授/スポーツ解説

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「スポーツと人生」
  • 「どのようにして金メダリストに育つのか」
  • 「技と心」

略歴

1951年 愛媛県に生まれる
1966年 水泳留学/三原第三中学校三年生に編入
1967年 尾道高等学校入学 第19回メキシコ・オリンピックに参加
1970年 広島商科大学短期大学部(夜間)入学
1972年 広島商科大学短期大学部卒業後、広島修道大学商学部商業学科3年生編入
     第20回ミユンヘン・オリンピックに参加(100m平泳ぎで1分4秒94の世界新記録で優勝。200m平泳3位で銅メダル)
1974年 広島修道大学商学部商業学科卒業、同大学院商学研究科商学専攻修士課程入学
1976年 第21回モントリオール・オリンピックに参加
1977年 広島修道大学大学院商学研究科商学専攻修士課程修了
1977年 株式会社フジタ(建設会社)入社(特にプール施設などを企画・営業)
1979年 (株)フジタを休職、スポーツ指導者在外研修事業(文部省の国費留学制度)研修者として
      アメリカ・インディナ大学に2年間留学)
1981年 (株)フジタに復職(官庁営業とスポーツ施設の企画と営業を行う)
1984年 (株)フジタ退職、国立で初めての体育大学が作られることになり、初代の水泳の指導教官
      として鹿屋体育大学体育学部講師に就任
1989年 鹿屋体育大学体育学部助教授
1993年 鹿屋体育大学 体育学部コーチ学講座教授
1998年 文部省在外研究員オーストラリア国・キャンベラ州立大学に留学
2003年 鹿屋体育大学海洋センター長
2005年 鹿屋体育大学 学長補佐(学術情報・産学連携担当)附属図書館長
2008年 鹿屋体育大学 スポーツパフォーマンス系主任

スポーツ歴・受賞

引退までの12年間で世界選手権、アジア大会、ユニバーシヤード大会等、国際大会に16回参加し、世界新記録2回、世界40ケ国を回る。国際水泳殿堂入り。総理大臣賞 文部大臣・スポーツ功労賞 日本最優秀スポーツ賞 朝日スポーツ賞 中国新聞社賞 愛媛新聞社賞 デリィースポーツ賞

講演例

「スポーツと人生」
「技と心」
「どのようにして金メダリストに育つのか」
子供とスポーツの関係、コーチ選びに基本から頂点に立つまでを分かりやすく楽しく解説します。

最近の著書

金メダルの壁-どのようにして金メダリストに育つのか」(アートヴィレッジ)