白石 康次郎

白石 康次郎(しらいし こうじろう)

海洋冒険家/文部科学省子ども居場所事業キャンペーンメンバー/横浜市教育 改革会議委員

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「夢航海」
  • 「七つの海を越えて」
  • 「夢、挑戦、そして人とのつながり」

略歴

少年の時に船で海を渡るという夢を抱き、三崎水産高校卒業後単独世界一周レースで優勝した故・多田雄幸氏に弟子入り。ヨットレースをサポートしながら、修行を積み、数々のレースに出場。
1991年 シドニー〜伊豆・松崎 太平洋単独横断に成功。1993年26歳の時に2度の失敗を乗り越え、176日間で史上最年少単独無寄港無補給世界一周の記録を樹立。
海だけでなく、数々のアドベンチャーレースでも活躍。アドベンチャーレースの最高峰の大会であるレイドゴロワーズ11位(日本人新記録)入賞。1998年横浜〜サンフランシスコを双胴船〔エクスプローラー号〕に乗り込み、14日間で横断、世界新記録を樹立。2000年“キャメルトロフィー”では約2000名の応募者から日本代表に選ばれ出場を果たす。
2002年9月〜2003年5月、念願の単独世界一周ヨットレース“アラウンドアローン”に出場。見事完走し、クラスⅡ(40フィート)で最速のハリーミッチェル賞を受賞。過酷なレース中にもかかわらず、インターネットで洋上から多くの写真とメッセージを送り、子供達に冒険授業を行う。(ゲンキッズオーシャンチャレンジ)
2006年10月、再び世界一周レース“VELUX 5-OCEANS”(アラウンドアローンより改名)のアジア人初となるクラスⅠ(60フィート)に参戦。

講演例

「夢航海」

「七つの海を越えて」

26歳の時ヨットで単独無寄港世界一周の最年少記録を打ち立てるまでのお話。
出航に辿り着くまでの紆余曲折な人生、実際に出航をし世界一周を成し遂げるまでの心のあり方、白石康次郎という人物を作り上げた両親、そして師匠である多田雄幸氏など人との繋がりの大切さも語る。
明るく楽しいお人柄もあり、笑いあり、ちょっと涙もありで「元気」「勇気」「やる気」が出るとの評判である。

主な成績

■1993〜94年 【Spirit of yukoh】にて世界最年少単独無寄港世界一周達成。(176日間)
■1997年 「レイドゴロワーズ」南アフリカ大会出場。日本人最高11位。
■1999年 「伊豆アドベンチャーレース」プロデュース
■2002年 「アラウンドアローン」出場のため、ヨットで下田〜ニューポート単独航海
■2002年 「アラウンドアローン」
ニューヨーク〜イギリス〜南アフリカ〜ニュージーランド〜ブラジル〜ゴール
約5,000km、大会総日数235日を完走。
【クラスⅡ】4位(40フィート最速)
■2006年 「VELUX 5-OCEANS」参戦