プロフィール

1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。1971年北海道大学水産学部卒業。1980年から女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。1999年に独立し、食生活ジャーナリストとして、さまざまなメディアを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。

日本ペンクラブ会員。女子栄養大学非常勤講師(食文化情報論)、埼玉県食の安全県民会議委員、ユーコープ事業連合リスクコミュニケーション委員会副委員長。

講演テーマ

安全な食品の選び方・食べ方
私たちの周囲には、食品表示違反、添加物、残留農薬など、食の安全を脅かす出来事があとを絶たない。一方で、データ的には、日本人の平均寿命は世界でもトップレベルだ。私たちが食べている食品はきわめて安全だと考えていい。にもかかわらず、私たち日本人が食の不安におびえているのはなぜなのか、冷静に考えてみよう。

マスコミ健康情報のウソホント
生活習慣を改善することによって「健康・長寿」が手に入ることが明らかになって以来、マスコミにはいわゆる健康情報があふれるようになった。学者や有名人がまことしやかに言うと、いかにも間違いのない情報のように聞こえるが、けっしてそうではない。本当に実行していいものかどうか、一度、科学的に検証してみる必要がある。

メタボ予防とダイエット
日本人の死因が感染症から生活習慣病に変わった現在は、自分の健康は自分で守る時代である。家族に任せたり、医者に頼ったりするのではなく、生活習慣を自分で管理する必要がある。その基本となるのは、メタボ予防と体重管理だ。ちまたに氾濫するあやしいダイエット法に惑わされることなく、正しい体重コントロール法を身につけよう。

おとなの食育
文部科学省が子どもの食育に力を注いでいる。おとなにも食育が必要な時代だといわれているが、おとなの食育には子どもの食育とはまた異なった要素がある。ガンや認知症は予防できるのか、健康食品やサプリメントとはどうやってつきあえばいいのか等、目の前に課題が差し迫っている。最後まで健康で幸せな人生を送るためのヒント。

講演の特徴

「あなたはなぜやせられないか?」「生活習慣病は自分で治す」など肥満や糖尿病のメカニズムや、「健康長寿のための食事と生活」という食生活と健康にまつわる最新情報を、医師の視線ではなく、一般の人にわかりやすいことばで提供する。あるいは、健康を保つ上で欠かせない技術としての「安全な食品の選び方」や「食品表示の見方」あるいは「健康にいい野菜の栄養情報」を、やさしく解説する。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。

主な著書

『食べモノの道理』(じゃこめてい出版)
『栄養と健康のウソ・ホント』(共著)(家の光協会)
『これが糖血病だ!』(女子栄養大学出版部)
『安全な食品の選び方・食べ方事典』(共著)(成美堂出版)
『新しい食品表示の見方がよくわかる本』(共著)(中経出版) その他多数。