フィリップ・トルシエ

フィリップ・トルシエ(ふぃりっぷ とるしえ)

元サッカー日本代表監督/FC琉球 総監督/サッカーコメンテーター

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「家族」
  • 「スポーツを通じた教育・育成」
  • 「子供の教育」

略歴

1955年 フランス・パリ生まれ。
1976年 フランスでプロサッカー選手としてデビュー。
1983年 現役引退後、指導者に転向。
1989年~ コートジボワールのクラブチーム監督に就任。
その後、アフリカのクラブチームの監督、ナイジェリア代表監督、ブルキナファソ代表監督、南アフリカ代表監督などを歴任。
1998年~ 日本代表監督に就任。
2000年 シドニー五輪では決勝トーナメント進出、アジアカップ2000では優勝に導く。
2002年 FIFA日韓ワールドカップでは、日本を初の決勝トーナメント進出に導く。
日本代表監督退任後は、カタール代表監督、フランス・マルセイユ監督、モロッコ代表監督などを歴任。
2007年 12月よりFC琉球総監督に就任、日本サッカー界に復帰。

講演テーマ

「家族」
「スポーツを通じた教育・育成」
「子供の教育」