おおたわ 史絵

おおたわ 史絵(おおたわ ふみえ)

内科医/執筆家

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「現代人の心と体のカルテ」
  • 「働くひとのメンタルヘルス」(企業講演会向け)
  • 「自分でできる性格診断」
  • 「病気になる人ならない人」
  • 「ダイエットを成功させるポイントとコツ」(全ての女性、一部の男性向け)
  • 「生活習慣病」(中高者向け)
  • 「はじめの一歩 ~子どもの健全な成長のために~」
  • 「危険な恋愛体質」
  • 「新・食のすすめ」

略歴

東京下町出身。

東京女子医科大学卒業後、大学病院、総合病院勤務を経て下町の開業医という道を選ぶ。
1996年、週刊朝日「デキゴトロジー」にて執筆活動を開始。
2005年、医学界の権威社会とは一線を隔したアウトローな半生を綴った自叙伝エッセイ『女医の花道!』『続・女医の花道!』がベストセラーとなる。
現在も医療現場主義の立場で、通常の診察のほか、障害者医療、山岳ボランティア診療などにも携わる。
私生活は緑と犬を愛する自然派エコロジストで、そのスタイルを表現する場としてブログ「おおたわ史絵のただいまネイチャー中」を展開している。

講演例

「病気になる人ならない人」(病気)
不景気だと嘆かれつつも、なぜか減ることのない「メタボリック・シンドローム」や「ぜいたく病」。高血圧、高脂血症、糖尿病、痛風、脂肪肝などなど、現在の日本のおかれている現状を踏まえながら、押しつけでない有効な解説を行います。

「病気になる人ならない人」(病気)
寝不足、ストレス、偏った食事・・・全ての病気には何らかの原因が存在します。
「東京下町の内科医」として日々医療に携わる経験から、病気にかかりやすい人と、病気にかかりにくい人の違いについてお話しします。
すでに症状のある方も、まだ症状が出ていない方も、生活習慣を改善することにより、病気によるリスクを軽減しましょう!病気になりにくい体質をつくることにお役に立てていただければ、と思います。

「働くひとのメンタルヘルス」(企業講演会向け)
自殺率世界ナンバー1の国、日本。自殺による死亡者数はついに交通事故による死亡者数を超えています。なかでも40~50歳台の「働き盛り」の男性の自殺が圧倒的多数を占めるのが現状です。
職場や家庭でのメンタルヘルスの問題をどのように捉え、対策していくのかは重要な課題です。
どんな人が危ないのか?どんな職場が危険なのか?はたまた初期症状はどんな形で表れるのか?など、さまざまな項目についてそれぞれの早期回避策とともに解説していきます。

「メタボリック・シンドロームってなんだろう?」

「現代人の心と体のカルテ」

「ダイエットを成功させるポイントとコツ」

「危険な恋愛体質」
恋愛習癖を行動心理の側面から分析しその理由を解明。本当に変わりたいと考えている人にその方法を伝授

「新・食のすすめ」
その土地の食文化と風俗・風習・体質には密接な関係がある。「何を」「どうやって」「誰と」食べるべきなのか?心と身体のための食についてを語ります。

テレビ・ラジオ出演

◆現在の活動

NTV「スッキリ!!」、CX「ホンマでっか!?TV」、EX「Qさま!!」

◆これまでの活動

CX「土曜LIVE ワッツ!?ニッポン」、QR「寺島尚正のラジオパンチ!」
KTV「Wスポット」
CX「土曜一番!花やしき」
BS-フジ「心理の迷Q」「BS-iNEWSアカデミー」
ANB「ビートたけしのTVタックル」「ワイドスクランブル」「TONIGHT2」
TX「出没!アド街ック天国」「レディース4」
TBS「サンデージャポン」「ベストタイム」「Pooh!」「ワンダフル」「ジャスト」
QR「寺島尚正のラジオパンチ!」等

雑誌

“週刊朝日”「健康キーワード」(朝日新聞社)
“ar”「ストレス解体新書」(主婦と生活社) 他多数

著作本

「女医の花道!」(主婦の友社)2005年1月
「続・女医の花道!」(主婦の友社)2005年12月
「ちょいヤバ女につけるクスリ〜女医が教えるココロ診断〜」(PHP研究所)2006年2月
「新セレブの教訓~なぜお嬢さまは独身なのか?~」(青春出版社)2007年6月
「女医の花道!」(朝日文庫)2008年4月
「犬への愛は「血圧」を下げる」(講談社)2008年5月