大谷 將夫

大谷 將夫(おおたに まさお)

(元)タカラ物流システム株式会社代表取締役会長
(元)タカラ長運株式会社代表取締役会長

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「儲かる会社に変える」
  • 「運を味方にする経営術」
  • 「タカラ長運
      10年赤字の会社を8ヶ月で黒字化の秘訣」
  • 「明るく、元気に、前向きに
      いまやる、頭を使ってやる、必ずやる」
  • 「物流改革と意識改革」
  • 「危機管理への対応例」

宝酒造「すりおろしりんご」の仕掛人!
タカラ物流システム(株)の初代社長に就任。以降9期連続増益を達成。

講演テーマ

「運を味方にする経営術」
 ・経営は運があるかどうかで決まる。
 ・運を高める4つのテーマ
 ・運は「不安」が嫌い、不安が運を逃す。
 ・成功の法則
 ・輝きの法則
 ・経営(仕事)とは、結果がすべてである。

「タカラ長運(旧 長崎運送) 10年赤字の会社を8ヶ月で黒字化の秘訣」
 ・経営は、結果がすべてである
 ・会社再建は、最初の3ヶ月が勝負所(強みと弱みの分析)
 ・合理主義(業務改革:課題つぶし)と人間主義(意識改革:モチベーションをあげる)の両刀づかい
 ・意識改革のキーワード

「明るく、元気に、前向きに いまやる、頭を使ってやる、必ずやる」
 ・業務改革は、貧乏人の発想と金持の行動で行う
 ・経営者は「強い思い」と「戦略的思考=長期的・全体的」を持つべきである
 ・現場に黄金が落ちている それをどう拾うか?
 ・数字を追うな 中身を追え 結果は後からついてくる
 ・会議では「どうしたらできるか」の議論に徹す
 ・利益の拡大は、売上の最大と原価・経費の最少を求める

「物流改革(特にコストダウン)をどう進めるか」
 ・トラックの実車・積載率を向上させる(一車一人制から複人制へ、バーター契約)
 ・賃金制度の見直し(歩合給の導入)
 ・配車の知恵(お客様優先、効率性、儲かる配車)
 ・燃費の効率化、CO2対策(エコドライブの具体的方法)
 ・受注の効率化を行う(パートを中心とした受注センター運営管理)
 ・倉庫の商品別レイアウトの研究(レイアウトは商品別カ出荷頻度別か)
 ・人の導線を短縮する(一歩一秒を大切に)
 ・人の流動化を考える(部門間の壁を作らない)
 ・安全・品質・環境対策をどうするか?(Gマーク、ISO9000、グリーン経営の認証取得指導

 その他
「儲かる会社に変える~人を創り、人を活かし、人に任すという組織経営~」
「儲かる会社に変える 『貧乏人の発想』『金持ちの行動』」
「中小企業をどうすれば儲かる会社に変えられるか?」
「物流改革と意識改革」(物流・倉庫業者向け)
「危機管理への対応例(東日本大震災)」(安全大会)
「次世代経営者育成」
「後継者づくり」
「新規店開拓の強化策と人間関係術」
「賃金制度・人事政策及び組合対策をどうすればよいか」

略歴

1940年 京都府生まれ
1959年 宝酒造株式会社入社
1990年 食品営業部長
1997年 理事営業部長(調味料事業担当)
2000年 タカラ物流システム株式会社 初代社長
2006年 長崎運送株式会社社長
2009年 長崎運送株式会社は「長運株式会社」に社名変更
2011年 長運株式会社は「タカラ長運株式会社」に社名変更
2012年 タカラ物流システム株式会社・タカラ長運株式会社 代表取締役会長に就任
2014年 6月 二社の会長を退任する。

実績

宝酒造の1967年のビール事業の撤退に伴い、会社再建プロジェクトを進めた若手の一人で、当時の
三重点商品(焼酎、松竹梅、味醂)の一つ味醂部門の責任者として、マーケティング(新製品開発、
宣伝政策、販売促進)を推進し、今日の「タカラみりん」の基礎を創りあげた。その他、調味料の武田
薬品との提携等宝酒造の脱酒類事業の全てを手掛けた。

1988年から新規事業としてスタートした飲料事業を、ゼロから年商350億円規模に拡大させた
“必殺仕掛人”。
なかでも、「すりおろしりんご」は一世を風靡したヒット商品(年間1200万ケース)となった。

酒販店系から食品系スーパー、コンビニ等の宝酒造としては新しい流通政策、価格政策、販売政策等
多様な仕事を知るオールラウンドプレーヤー。若い時に、労働組合活動を行い、中央執行役員を6期務
めた等の経歴から、労務問題・賃金制度等のオーソリティーでもある。

2000年4月に合併により設立されたタカラ物流システム(株)の初代社長に就任。以降9期連続増益
を達成している。

2006年8月にM&Aで10年間赤字が続き倒産寸前の長崎運送(株)をタカラ物流システムに入れ、
社長として「単身で現地に乗り込み、社員と生活を共にする環境で陣頭指揮を執り」再建に取り組み、
僅か8ヶ月で、売上52億円・利益1億円と黒字化し、注目されている。

座右の銘

「情熱に勝る能力なし」

著書

「儲かる会社に変える貧乏人の発想、金持ちの行動 」(実業之日本社)

講演実績

船井総合研究所 経営革新セミナー「元気な会社を創ろう!」
タナベ経営 「タナベ西部トップ会」
東京商工会議所江東支部 「10年赤字の会社を8ヶ月で黒字化!」
京都経営者協会 「儲かる会社に変える貧乏人の発想、金持ちの行動」
岡山県トラック協会 青年部合同研修会
香川県トラック協会高松第2支部
日本包装技術協会 「大谷流 経営観と人材観」
その他、全国各地で講演多数。