国際的に活躍する経営コンサルタント・大前研一氏の1つ違いの実姉

エッセイストや旅行コーディネーターとして、数々の雑誌に寄稿。
雑誌「ホテル・レストラン」編集委員。
近年はシニアタウンやシニア向けホームのアドバイザーとしても活躍している。
NYと東京を年に数回渡航し情報収集。
長期滞在、留学、市場調査など経験多数。

講演では、研一氏に関するテーマのほか、自身の経験を基にした「ニューヨークいまどき情報」や、飲食コンサルティング、がんについてなど多岐にわたる。

著書『学校に行かなかった研一』では、研一氏の生い立ちだけでなく、学生時代に伶子氏に宛てた手紙が掲載されており、あまり知られていない、その「人となり」をうかがうことができる。

略歴

1941年生まれ  
1959年 横浜・捜真女学校卒業後 株式会社丸紅 輸出機械部勤務
1964年 丸紅退社
1968~73年 ニューヨーク在住
1986~91年 2度目のニューヨーク在住
10年以上のNY生活を通し、グリーン・カードを収得。
「東急トラベルNY支店」に勤務の経験から、VIPの旅行コンダクター、主催旅行の作成、
旅行誌のライター、NYの住み方などをコンサルティング。
1992~2001年 銀座で日本料理店「日和」を経営
同時にニューヨーク飲食店の新規開店のコンサルティングを多数手がける。

書籍

「私らしい人生のしまい方」 (講談社 2011年)2012年4月 中国語に翻訳
※アマゾン売上ランキング6部門で1位。(「中高年向け自己啓発」「恋愛・結婚」「女性と仕事」「恋愛論」「自己啓発」「暮らし、健康」「ビジネス実用」 ※総合ランキング8位)

「幸せ日和」 (PHP研究所 2009年)
「学校に行かなかった研一」 (ぜんにち出版 2005年)
「学校に行かなかったケンイチ」 (マネジメント社 1995年)