荻原 次晴

荻原 次晴(おぎわら つぎはる)

スポーツキャスター/元ノルディック複合日本代表

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「次に晴れればそれでいい」
  • 「私のスキー人生」

主な戦歴

1995年 世界選手権 複合団体 優勝
ワールドカップ(リベレツ) 個人2位
ワールドカップ(ホルメンコーレン) 個人2位
ワールドカップ 総合4位
1998年 長野オリンピック 複合個人団体6位入賞 複合団体5位入賞
幼少の頃から双子の兄・健司とスキーを始め、2人で切磋琢磨しノルディック複合で日本を代表する選手となる。
1994年からワールドカップに参戦。
1998年長野オリンピックでは個人6位、団体5位と入賞を果たす。
オリンピック終了後引退を表明し、ウィンタースポーツ普及の為にメディアや講演会の活動を行っている。
フジテレビ「スーパーニュース」ではスポーツキャスターとして活躍し、爽やかなイメージで人気を得る。
また、選手であった経験を活かし、自らプロデュースしてノルディックスキーのツアーを企画し、
その楽しさを伝えている。
彼の爽やかでウィットに富む人柄は幅広い層からの支持を受けている。

PROFILE

生年月日:1969年12月20日(射手座)
血液型:O型
出身地:群馬県草津町
出身校:長野原高校、早稲田大学卒

主な戦歴

1995年 世界選手権 複合団体 優勝
ワールドカップ(リベレツ) 個人2位
ワールドカップ(ホルメンコーレン) 個人2位
ワールドカップ 総合4位
1998年 長野オリンピック 複合個人団体6位入賞 複合団体5位入賞

活動内容

◆ 講演会テーマ例
「次に晴れればそれでいい」
双子の弟として生を受け、スキーを通して兄弟切磋琢磨して成長してきた少年時代。
’92年のアルベールビルオリンピックで兄、健司の金メダル。
兄の活躍を横目に次晴の苦悩の日々が始まる。
彼が長野五輪を目指したのは特別な理由があった。
双子ならではの次晴の悩みや苦悩をノルディック複合という兄と同じ土俵の上で
自分の存在をアピールしたエピソードをお話します。
少年たちにはスポーツの素晴らしさを、また一般の方には挫折から這い上がるスピリットを、
そしてウインタースポーツの楽しさを伝えていきます。

他 「私のスキー人生」

レギュラー出演

・ 日テレ「ズームインスーパー」隔週月曜日〜金曜日 5:30〜8:00 生放送
・ BS日テレ「スーパースポーツマガジン」土曜日 22:00~23:00 生放送
・ 仙台放送「スポルたん!」毎週月曜日 19:30〜20:00 生放送
・ NHK「お昼ですよ!ふれあいホール」準レギュラー毎月1回 12:20〜12:40生放送
・ スカイパーフェクトTV「スカチャン情報局」木曜日9:00〜9:30
・ フジテレビ「CX739 SNOW BREAK」毎月1回 水曜日 21:05〜23:00 生放送

主なレギュラー歴

・ フジテレビ「スーパーニュース」2000年4月〜2003年3月
・ NHK教育「レッツ フィット エアロビック」木曜日 12:30〜13:00Radio
・ TOKYO FM「荻原次晴の海男山男」2001年4月〜2002年3月

著作

「次に晴れればそれでいい」(TOKYO FM出版) 発売日98年12月25日
「荻原健司 栄光と苦悩」(文春ネスコ)発売日02年7月8日

主催ツアー

・ 冬山を歩こうよ[歩くスキー]produced by荻原次晴(1999年3月より毎年・年3〜4回 開催)
・ 夏山を歩こうよ〜NORDIC WALK (2000年8月より開催)