小川 和久

小川 和久(おがわ かずひさ)

株式会社危機管理総合研究所 代表取締役研究所長

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「安全なくして繁栄なし」
  • 「テロ克服のロードマップと日本の安全」
  • 「日本の戦争力」
  • 「日本の安全と繁栄の条件」
  • 「日本のネットワーク・セキュリティの課題」
  • 「なぜイラク復興支援なのか、なぜ自衛隊派遣なのか」
  • 「国民保護計画を機能させるために」
  • 「北朝鮮の軍事力の読み方」
  • 「北朝鮮は日本を攻撃できるか」
  • 「米国の世界戦略と日本の安全保障」
  • 「日本の重要インフラ防護の課題」

略歴

1945年12月、熊本県葦北郡(現・八代市)生まれ。
中学卒業後、第7期自衛隊生徒として陸上自衛隊生徒教育隊に入隊。
続いて、陸上自衛隊航空学校、同・霞ケ浦分校で航空機整備を学ぶ。
この時期、神奈川県立湘南高等学校通信制で併学する。
同志社大学神学部を中退後、日本海新聞(鳥取の県紙)で司法・教育・労働・県政を担当する。
日本海新聞の倒産で、講談社『週刊現代』の記者となり、9年間にわたって政治・社会問題を担当。
1984年3月、日本初の軍事アナリストとして独立する。

委員等

外務省・「世界の中の日本・30人委員会」委員(2006年〜)
総務省・宇宙開発の今後の在り方に関する研究会委員(2005年〜)
(特定非営利活動法人)日本紛争予防センター理事(2005年〜)
国土交通省・海上保安庁海上テロ対策研究会委員(2003年〜)
総務省消防庁・消防審議会委員(2003年〜)
総務省・プライバシー保護研究会主査(2002年〜)
国土交通省・海上保安庁政策懇談会委員(2002年〜)
総務省・住民基本台帳ネットワークシステム検討委員(2002年〜)  ほか多数

講演例

「国際水準から見た日本の危機管理」
「国際水準から見た日本の安全保障」
「いま企業に求められる危機管理」
「日本の安全と繁栄の条件」
「安全なくして繁栄なし」
「日本の戦争力」
「テロ克服のロードマップと日本の安全」
「国民保護計画を機能させるために」
「北朝鮮の軍事力の読み方」
「北朝鮮は日本を攻撃できるか」
「米国の世界戦略と日本の安全保障」
「なぜイラク復興支援なのか、なぜ自衛隊派遣なのか」
「日本の重要インフラ防護の課題」
「日本のネットワーク・セキュリティの課題」など

著作

『ヘリはなぜ飛ばなかったか 阪神大震災の教訓』(98年1月、単著、文藝春秋)
『日本は「国境」を守れるか』(02年7月、単著、青春出版社)
『アメリカの対テロ部隊』(02年9月、監訳、並木書房)
『日本のジャーナリズムとは何か
情報革命下で漂流する第四の権力』
(04年3月、共著、ミネルヴァ書房)
『新しい日本の安全保障を考える』(04年12月、共著、自由国民社)
『北朝鮮問題を整理する5ファイル』(05年5月、共著、自由国民社)
『日本の「戦争力」』(05年12月、単著、アスコム)     ほか多数