略歴

PL学園高校(1987年横浜大洋ホエールズ ドラフト3位)
横浜大洋ホエールズ・横浜ベイスターズ(1988年〜2002年)
横浜ベイスターズ(コーチ 2003年~2005年、2007年〜2010年)

PL学園高では高校3年時に春・夏連続して甲子園で優勝。
立浪和義(元中日)、片岡篤史(元阪神)、橋本清(元巨人)といった後に
プロ入りする選手が揃った「史上最強」ともいわれるチームのエースとして活躍した。
1987年のドラフト3位で横浜大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)に指名を受け入団。
1年目に高卒ルーキーとしては史上5人目の「初登板初完封勝利」を挙げる。
1993年には17勝を挙げて最多勝を獲得。
1998年には13勝で38年ぶりのリーグ制覇、日本一に貢献。
その後は怪我の影響もあり2002年に現役を引退。
引退後は古巣の横浜ベイスターズのコーチを務め、現在は野球解説者・スポーツコメンテーターを務める傍ら、
桜美林大の特別コーチにも就任するなど後進の育成にも努めている。

講演テーマ

「夢を実現させる為に ~PL→横浜→指導者→“すぽると”解説の経験から」
20世紀の高校野球の絶対王者・PL学園でエースとして甲子園で春・夏と連覇。
同学年には立浪、片岡、橋本、2学年上には桑田、清原を擁し、厳しい高校3年間を生き抜いて、結果を残した。
PLの強さの秘密、選手育成とは。
当時の中村監督から教わった「球道即人道」は今でも座右の銘。
横浜ベイスターズ時代はエースとして君臨。1998年にはチームを38年ぶりにリーグ優勝へ導く。
引退後はコーチとして、投手陣を育成。
コーチ退任後はフジテレビ「すぽると」を中心に解説活動。様々な一流アスリートへのインタビューを行ってきた。
高校、プロと優勝チームを経験、またコーチとして様々な選手を指導、
そしてメディアの立場から様々な一流選手を見てきた経験から、
結果を残す人材の育成方法、モチベーションの上げ方、目標、夢を実現する方法を語る。

実績

通算成績 301試合 101勝88敗 防御率4.01
最多勝利 1993年
オールスター出場 1990年、1991年、1993年
優勝歴 1998年

メディア

ニッポン放送 ショウアップナイター 解説
tvk tvkプロ野球中継 横浜DeNAベイスターズ熱烈LIVE 解説
フジテレビ すぽると! 解説
フジテレビONE SWALLOWS BASEBALL LIVE 解説

著書

立浪&野村が教える!野球少年が親子でうまくなるプロ思考』(集英社)
プロ野球向上委員会』(洋泉社)