昇 幹夫

昇 幹夫(のぼり みきお)

医師/日本笑い学会副会長/元気で長生き研究所所長

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「笑う門には、ラッキー・カム・カム~笑顔の医学的考察~」
  • 「笑いと健康」
  • 「あなたの笑顔、なによりクスリ」
  • 「笑って健康になりませんか!」
  • 「元気で長生き、PPKのコツ!-ガン患者200人の富士登山に参加して-」

略歴

1947年 鹿児島生まれ。
九州大学医学部卒業後、麻酔科、産婦人科の専門医として82年より 大阪在住。
高校卒業30周年 同期会で200人のうち8人の死(4人は医師)という事実にショックを受け、
平成11年に 年間1000名の出産を取り扱う病院を退職。
生誕半世紀を振り返り、50代は過労死寸前の働き方をあらためることにした。

現在、大阪市や岡山市で産婦人科診療もしながら、
「日本笑い学会」副会長(「笑いと健康」の部門を担当)として笑いの医学的効用を研究。
前向きな楽しい極楽トンボの生き方が、高齢化社会をダイヤモンドエイジにする長生きの秘訣と説き、
現在は「元気で長生き研究所」所長として全国を講演活動中の自称『健康法師』。

97年夏、ガン患者15名とともにモンブラン山麓トレッキングツアーに参加し
「生きてる」という実感のある生き方とは何かをともに考えた。
2000年8月22日 がん克服日米合同富士登山に参加し、生きがいを持って生きることが
闘病にどんなに役立つかを広く社会に訴えた。

NHKラジオ深夜便で 「笑いは心の絆」と題して放送、98年10月には、「おもいっきりテレビ」にも出演。
笑うことは健康にいいことを実験で証明した。

講演例

「笑いと健康」
「元気で長生き、PPKのコツ!〜ガン患者200人の富士登山に参加して〜」
「笑って健康になりませんか!」
「あなたの笑顔、なによりクスリ」
「笑う門には、ラッキー・カム・カム〜笑顔の医学的考察〜」

著作本

『笑いの研究〜ユーモア・センスを磨くために』 共著 (1997/03) フォーユー
『涙がでるほど笑ってラクになる本』 (2003/02) ハギジン出版
『笑顔がクスリ〜笑いが心と体を強くする』 (2000/03) 保健同人社
『職場に笑いのウズをよぶ本〜笑いは最高のガン封じ』 (1998/06) かんき出版
『笑いは心と脳の処方せん〜ユーモアから学ぶ健康学』 (2003/09) リヨン社
『笑ってラクになる本〜ストレス翔んでけ…おもしろビタミン』 共著(ソフトカバー) (1996/07) ハギジン出版
『「過労死」が頭をよぎったら読む本〜いつも忙しすぎるあなたの健康管理学』 (2000/02) 河出書房新社
『笑いは心と脳の処方せん〜ユーモアから学ぶ健康学』 (1995/06) リヨン社