西原 正

西原 正(にしはら まさし)

前防衛大学校長/(財)平和・安全保障研究所理事長/国際安全保障学会 会長

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「最近の国際情勢の動向」
  • 「米新政権と日米同盟」
  • 「日米中関係の新しい局面」
  • 「アジアの動向と日本の安全」
  • 「中国、北朝鮮とどうつきあうか」
  • 「日本は安全か」

講演例

「最近の国際情勢の動向」
「米新政権と日米同盟」
「日米中関係の新しい局面」
「アジアの動向と日本の安全」
「中国、北朝鮮とどうつきあうか」
「日本は安全か」

略歴

1937年 大阪府生まれ
1962年 京都大学法学部を卒業
1973年 京都産業大学助教授(国際関係論)、1975年同大学教授
1977年 防衛大学校教授(国際関係論)となり、2000年まで教鞭
1978〜82年 米国ロックフェラー財団客員研究員
1993〜97年 防衛研究所第一研究部長
2000年 防衛大学校の第7代目学校長
2006年 退官し、(財)平和・安全保障研究所理事長

学位

米国ミシガン大学政治学修士号、博士号

著書論文論評等

『戦略研究の視角』人間の科学社、1988年
『国連PKOと日米安保』(共編著)亜紀書房、1995年
『日米同盟Q&A100』(共編著)亜紀書房、1998年
「防大流『日本的リーダー』の育て方」『諸君!』2006年10月号
「国際情勢分析でより厳しい予測を〜日米同盟の深化と次期防衛大綱」
『じゅん刊 世界と日本』内外ニュース、2008年12月
最近掲載紙『日経』、『産経』、『ワシントン・ポスト』、『コリアヘラルド』など

その他

1990年1月米議会上院軍事委員会公聴会で証言。
小泉政権の対外関係タスクフォースのメンバー。
またASEAN地域フォーラム有識者(EEP)グループ、三極委員会、
日英21世紀委員会などのメンバー。
国際会議、国際シンポジウムに頻繁に参加。各地で講演