中島 誠之助

中島 誠之助(なかじま せいのすけ)

古美術鑑定家

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「鑑定団といい仕事」
  • 「あなたも分かるホンモノとニセモノ」
  • 「焼きものの歴史」
  • 「目利きの人生談義」

略歴

1938年(昭和13年)東京生まれ。
芝学園高校・日本大学卒業。
古伊万里など東洋古陶磁器を世にひろめる。
古美術商40年の経験を生かして、骨董品の鑑定と解説に活躍する。
18・19世紀に生産された古伊万里染付の普及をはかり、「古伊万里の値を決める男」の異名をとる。
1980年に「南青山骨董通り」を作詞。飯田三郎作曲真咲みどり唄でキングよりプレス、これが東京の青山にある「骨董通り」の由来になり名付け親と呼ばれる。
テレビ『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)にレギュラー出演、するどい鑑定眼と歯切れのよい江戸っ子トークでお茶の間の人気者に。「いい仕事してますね」の名文句で“96年度ゆうもあ大賞”受賞。
製品監修・解説・論評・エッセー多数。TV ・CM ・ラジオのほか、講演で全国各地をまわり、幅広い知識を生かしたハギレの良い江戸っ子トークが人気を得ている。

講演例

「鑑定団といい仕事」
「あなたも分かるホンモノとニセモノ」
「焼きものの歴史」
「目利きの人生談義」

著書

「ニセモノ師たち」(講談社)
「骨董掘り出し人生」(朝日文庫)
「やきもの百科」(淡交社)
「中国古陶磁入門」(平凡社)
「古伊万里染付入門」(平凡社)
「鑑定の鉄人」(二見書房)
「暮らしの骨董入門」
「南青山骨董通り」(淡交社)
「骨董屋からくさ主人」(実業之日本社)
「誠之助の『グルメ鑑定帳』」(日本経済新聞社)
「山が家族を育ててくれた」 (山と渓谷社)
「週刊・やきものを楽しむ」全30 巻 (小学館・中島由美共著)