村田 晃嗣

村田 晃嗣(むらた こうじ)

同志社大学 法学部長

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「変動する東アジア情勢と日本外交」
  • 「国際情勢からみた憲法改正のゆくえ」
  • 「激動する世界情勢と日本の課題~日米外交と安全保障の行方~」

経歴

1964年、兵庫県神戸市に生まれる。
1987年、同志社大学法学部卒業(麻田貞雄先生の外交史ゼミ出身。茶道部中退)。
1991-95年、 米国ジョージ・ワシントン大学留学。
ホワイトハウス近くに在住(ただし招待されたことはない)。
1995年、神戸大学大学院法学研究科博士課程(国際関係論)修了。
1995年、広島大学総合科学部専任講師(アメリカ研究)。
1998年、神戸大学博士(政治学)。
1999年、広島大学総合科学部助教授。
2000年、同志社大学法学部助教授(外交史・安全保障政策論)。
2005年、同志社大学法学部教授。
2011年、同志社大学法学部長。
京都経済同友会特別会員。京都日米協会理事。

●審議委員等

朝日放送番組審議会委員(2000年〜)
衆議院憲法調査会参考人(2000年)
参議院憲法調査会参考人(2003年)

講演例

「変動する東アジア情勢と日本外交」
「国際情勢からみた憲法改正のゆくえ」
「激動する世界情勢と日本の課題〜日米外交と安全保障の行方〜」

受賞

1996年「変容する日米安保政策コミュニティー 」『this is 読売 1997年1月号』で読売論壇新人賞優秀賞受賞。
1999年 『大統領の挫折〜カーター政権の在韓米軍撤退政策』でアメリカ学会清水博賞・サントリー学芸賞受賞。
2000年、「『国際国家』の使命と苦悩──1980年代の日本外交」『戦後日本外交史』で吉田茂賞受賞。

研究

第二次世界大戦後のアメリカの東アジア政策とその決定過程、日米安全保障関係の歴史と課題などを研究テーマにしています。歴史といっても、まさに living historyなので、アメリカの情報公開法による資料の開示や日米双方の政策担当者へのインタビューを精力的におこなっています。また、単なる歴史研究にとどまらず、安全保障問題の現状分析や政策提言も意図しており、国際会議への出席や総合雑誌・新聞への寄稿も折にふれておこなっています。