略歴

1947年大分県佐伯市に生まれる。大分県立佐伯鶴城高校卒業後、京都大学に進学。1970年日立電子株式会社のミニコンピュータのシステムエンジニアとしてキャリアをスタートした。1978年日立電子のミニコンからの撤退に伴いDigital Equipment Corporation(DEC)Japanに転籍、通産省第五世代コンピュータプロジェクトの担当を務める中で、人工知能(AI)分野の知見を修得、1986年から、米国マサチューセッツ州の DEC 米国本社人工知能技術センターに5年間勤務した。1991年日本DECに帰任後は、取締役マーケティング本部長を務めた。
その後複数の米国系IT企業の日本法人代表を務めた後、2003年4月、Google 米国本社 副社長兼 Google Japan 代表取締役社長として Google に入社以来、日本における Google の全業務の責任者を務めて来たが、2009年1月名誉会長に就任、2011年1月1日付けで退任し、村上憲郎事務所を開設した。

京都大学で工学士号を取得、現在、以下の教職にも従事している。
国際大学GLOCOM主幹研究員・教授。
慶應義塾大学大学院特別招聘教授。
大阪工業大学客員教授。
会津大学参与。

講演テーマ

「グローバル時代を生き抜くための原理原則」
「世界で戦う仕事術」
「未来へ行くために、今、身につけるべきスキル」
「仕事、そしてキャリアの原則」
「スマートグリッドが切り拓く新生スマートニッポン」
「スマートグリッドが切り拓くICTの新地平」
「IOT(Internet Of Things)」
「スマートTV」
「ビッグデータ2.0」

著書

知識ベースシステム入門』(インフォメイションサイエンス社 1986)
村上式シンプル英語勉強法』(ダイヤモンド社 2008)
村上式シンプル仕事術』(ダイヤモンド社 2009)
一生食べられる働き方』(PHP新書 2012)

共著

3・11後 日本経済はこうなる!』(朝日新書 2011)
スマート日本宣言 経済復興のためのエネルギー政策』(アスキー新書 2011)
スーパーIT高校生”Tehu”と考える 創造力のつくり方』(角川書店 2013)