村上 和雄

村上 和雄(むらかみ かずお)

筑波大学名誉教授

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「遺伝子は語る」
  • 「人生の暗号」
  • 「生命の暗号」
  • 「科学と宗教の接点を求めて」
  • 「いい出会いで人生が決まる」
  • 「感動や笑いが遺伝子をONにする」
  • 「よい遺伝子を目覚めさせる方法」

バイオテクノロジーの世界的権威。
生命科学の最先端の現場から「サムシング・グレート」と「生命の暗号」の秘密を説く。

感動”や“笑い”が遺伝子をONにする!〜サムシング・グレート」からの伝言〜

略歴

昭和11年奈良県生まれ。
38年京都大学大学院博士課程修了、同年米国オレゴン医科大学研究員。米国バンダビルト大学助教授などを経て、53年筑波大学応用生物化学系教授に就任。
58年には高血圧の黒幕である昇圧酵素「レニン」の遺伝子の全暗号解読に初めて成功界的な業績として注目を集める。
遺伝子工学では世界をリードする研究者の一人。
平成11年より現職。(財)国際科学振興財団バイオ研究所所長。

主な受賞

1990年 マックスプランク研究賞(ドイツ・フンボルト財団)
1993年 日経BP技術賞(日経BP社)
1996年 日本学士院賞(日本学士院)
2001年 岡本国際賞(成人血管病研究振興財団)

講演例

「よい遺伝子を目覚めさせる方法」

世の中には天才と凡人がいるが、どんな分野の能力であれ、個人が遺伝子として抱えているものにそう大きな違いはない。現実に能力差がでてくるのは遺伝子のON/OFFが関係している。よい遺伝子を目覚めさせるには次のことを実行するのがよいと考えられています。

「いい出会いで人生が決まる」

自分を磨きたい、成長したいと思うなら、できるだけすぐれた人とつきあうにかぎる。一般的な言い方をすれば、すごい実績を残した人、いま実際に世間から注目される仕事に取り組んでいるような人とつきあえということです…

「科学と宗教の接点を求めて」

遺伝子には人間が生まれてから死ぬまでの間のすべての情報が前もって書き込まれている。こんなに大量の情報がどこからどうして集まってきて、どのような仕組みでいったい誰が書き込んだのか?それを思うと震えるような感動が私の体を貫き、それ以来、村上先生は生命の神秘と謎の世界のとりこになってしまった。遺伝子の暗号を一番初めに書いたものの正体を一生かけて追い求め探り当ててみたいという衝動にとり付かれてしまったのだ・・・・

主な著書

「愛が遺伝子スイッチON」 (海竜社)
「スイッチ・オンの生き方」 (致知出版社)
「アホは神の望み」 (サンマーク出版)
「生命の暗号」 (サンマーク出版)
「生命のバカ力」 (講談社+α新書)
「幸せの遺伝子」 (育鵬社)
「奇跡を呼ぶ100万回の祈り」 (ソフトバンククリエイティブ)
「SWITCH スイッチ」 (サンマーク出版)