毛利 京申

毛利 京申(もうり たかのぶ)

経営コンサルタント

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「不可能は行動で可能になる」
  • 「トップの後ろ姿で会社は変わる」
  • 「顧客満足度とは」
  • 「破産なんて怖くない」

講演テーマ

「不可能は行動で可能になる」
年商8億、93億の負債を抱えた名古屋のシティホテルを全株買い取り、
代表取締役に就任し、ドロドロになりながら無給で再建した話をします。
何ごとも頭で考えて、「ダメだ」「不可能」などと判断するのではなく、
「できるにはどうしたら良いか」を念頭に考え、行動することの重要性を説く。

「トップの後ろ姿で会社は変わる」
企業のトップとしての経営姿勢次第で、社員の意識が変わることを、
自らの経営談を元に語ります。

「顧客満足度とは」
顧客第一のサービス業界において何がいちばん大切か?
それは一度お客の信頼を裏切ると再起は不能となる可能性があり、
楽しい時も悲しい時も「お客さまの笑顔」を思い出す謙虚な心構えを語る。

「破産なんて怖くない」
数千件の事業に失敗し、多額の債務を負い職を失った経営者に、
生きる希望と2度目の人生をどのように心豊かにに歩むべきかを、
自分の経験に基づき語ります。

「意識改革」
「企業再建」
「リーダーの条件」
「お客様目線」
「顧客満足(CS)を徹底すると売上は上がるか」
「映画とワインに乾杯」
「経営危機管理」
「商店街の活性化」
「ビジネスマナー」
「駐車場の販売促進」
「独立開業することとは」
「慣性を磨け」
「これからのビジネス」
「飲食店の開業について」
「本物を見る眼」
「企業再生を通した街づくり」
「創業の精神」
「売上を伸ばす企業戦略」
「思いを貫くとは」
「ルネッサンスの光芒から見た街づくり」
その他、講演例多数。

自らも会社を7つ経営してきた経験と、
弁護士事務所に18年間勤務した際に培った法的知識を生かし、
「経営は感性である」をスローガンに、様々な観点から講演致します。

略歴

1981年 愛知学院大学法学部卒。浪川法律事務所勤務。
1986年 同事務所退職。青木伊藤法律事務所勤務。
1998年 ㈲シェ・モーリ設立(アパレル)。㈱プリンセスガーデンホテル 代表取締役就任
      ㈲プリンセスクラブ設立(飲食業)
2000年 ㈱プリンセスガーデンホテルM&A
      青木伊藤法律事務所退職。
2006年 小樽大丸青果㈱ 代表取締役就任
2009年 特定非営利活動法人ふるさとどさん子倶楽部 代表理事就任

現「かちがわ大学」学長。自らも生涯学習塾を開講し、講義を行なう。
(愛知県勝川と春日井の発展に資する「ひとづくり」のための生涯学習事業の一環として開講)
⇒ http://kachigawa.info:80/

著書

「トップの後ろ姿で会社は変わる」(経済界出版)
「最強の名古屋商法」(アーク出版)
「最強の名古屋商法(実践編)」(アーク出版)