森本 敏

森本 敏(もりもと さとし)

拓殖大学国際開発学部教授/PHP総合研究所首席研究員

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 当面する国際情勢と日本の課題

プロフィール

昭和16年生まれ。
防衛大学理工学部卒業後、防衛庁入省。
昭和52年に外務省アメリカ局安全保障課に出向。
昭和54年外務省入省。
在米日本国大使館一等書記官、情報調査局安全保障政策室長など一貫して安全保障の実務を担当。
専門は安全保障、軍備管理、防衛問題、国際政治。
平成4年より野村総研主席研究員(平成13年3月退職)。
平成7年より慶應大学・同大学院にて非常勤講師を兼任。
平成9年より中央大学・同大学院にて客員教授(平成14年退任)。
平成11年より政策研究大学院大学(平成15年退任)、聖心女子大学非常勤講師を兼任。
平成12年より拓殖大学国際開発学部教授。
平成17年より拓殖大学海外事情研究所所長兼同大学・大学院教授。

講演例

※お問い合わせください

主な著書

「南アジアの安全保障」(共著、日本国際問題研究所、平成17年9月)
「早わかり国民保護法」(共著、PHP研究所、平成17年8月)
「森本敏の眼〜日本の防衛と安全保障政策」(単著、グラフ社、平成17年3月)
「イラク戦争と自衛隊派遣」(編著、東洋経済新報社、平成16年4月)
「アジア太平洋の多国間安全保障」(編著、日本国際問題研究所、平成15年8月)
「有事法制」(共著、PHP研究所、平成15年1月)
「安全保障論」(単著、PHP研究所、平成12年)
「ミサイル防衛 新しい国際安全保障の構図」(編著、日本国際問題研究所、平成14年4月)

主な論文

「最新「国防報告」に見るアメリカの戦略意識」(フォーサイト、平成18年3月)
「日本の歴史認識とアジア外交戦略」(外交フォーラム、平成18年3月)
「日本の安全保障戦略の再構築」(日本人のちから、平成18年2月)
「米軍再編と日米同盟強化」(中央公論、平成17年11月)
「冷戦後における米国の中東・湾岸政策」(海外事情、平成17年7・8月)
「国際社会の外交圧力で体制変換をめざせ」(論座、平成17年5月)
「日米同盟の将来と日本の選択」(外交フォーラム、平成17年1月)