宮川 俊二

宮川 俊二(みやがわ しゅんじ)

キャスター

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • キャスターの目から見た日本経済
  • 報道の舞台裏
  • 報道キャスターから学ぶ実践的コミュニケーション術
  • ”世の中”を読み取る力(ちから) ~正しい判断を導く為の情報マネジメント~
  • NHKと民放
  • ニュース番組ができるまで
  • ワインと料理の楽しみ方

略歴

1947年 愛媛県宇和島市に生まれる
1966年 愛媛県立宇和島東高等学校卒業
1970年 早稲田大学第一文学部卒業「社会学専攻」
      日本放送協会(NHK)入局 山形・岐阜・高松・福岡・名古屋・東京の各局に勤務
      担当業務:アナウンサー ミッドナイト・ジャーナル/くらしのジャーナル・国会中継 等
1993年 チーフアナウンサーとして活躍も依願退職、ベトナムで日本語講師として充電
1994年以降、「ニュースJAPAN」「スーパーニュース」等のニュース番組でキャスターを担当。
2008年4月より早稲田大学非常勤講師。

講演テーマ例

『”世の中”を読み取る力(ちから) ~正しい判断を導く為の情報マネジメント~』
社会インフラとなったインターネットの普及やコンピュータの処理能力の飛躍的な向上など、世の中に溢れる情報量は爆発的に増加しました。 如何にして価値ある情報を見極め、それを元に正しい判断を導き出すか、の情報マネジメントこそが未来の成功へのカギです。情報を見極め、加工し、伝える、情報マネジメントのプロフェッショナルである第一線のキャスターとして活躍してきた氏が、その経験と知識から実践的な情報マネジメントの方法論や視点、ノウハウを分かり易いエピソードを交えて語ります。

『報道キャスターから学ぶ実践的コミュニケーション術』
良い仕事や円滑な人間関係を築くには、コミュニケーションは欠かせません。コミュニケーションとは、相手との情報のやり取りを通じた意思の交換です。フジテレビ「ニュースJAPAN」の看板キャスターであった氏が、情報の受け手として、そして送り手として培ったプロのコミュニケーションのノウハウを分かり易いエピソードを交えて語ります。

「キャスターの目から見た日本経済」
「報道の舞台裏」
「NHKと民放」
「ニュース番組ができるまで」
「ワインと料理の楽しみ方」

テレビ出演

CX 「ニュースJAPAN」 「スーパーニュース」 「スーパーニュースウィークエンド」
BSジャパン「大人のツボ!」 TBS「世界バリバリバリュー」

執筆活動

PRESIDENT「金持ち家族・貧乏家族」特集:会社を辞めてわかった社宅のありがたさ
(自身の転職経験と住宅問題のジリ貧経験を語る)

著作本

『アオザイの国へ』(同友館)
ベトナム戦争後、 日本との民間交流が再開された80年代末から、
開放政策によって急速に経済が回復し観光ブームとなった現在までのベトナムの変化を写真と文で綴ったもの。