三屋 裕子

三屋 裕子(みつや ゆうこ)

スポーツプロデューサー/ロス五輪バレーボール銅メダリスト

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「チームワークについて」
  • 「バレーボールに教えられた熱き人生」
  • 「家庭でできる簡単健康法~スポーツと私」

最終学歴

筑波大学大学院修士課程コーチ学専攻修了

略歴

1958年 福井県勝山市生まれ。身長177cm。
中学からバレーを始め、八王子実践高校から筑波大学に進学。大学の星としてユニバーシアードに3回出場し、その活躍が認められ、1979年全日本入り。
大学を卒業後、1981年 名門日立製作所に入社。
さわやかな笑顔と高さのあるシャープな攻撃で、1981年東京ワールドカップで人気沸騰、女子バレーブームに火をつけた。モスクワ五輪はボイコットに涙を呑むが、ロサンゼルス五輪で銅メダル獲得。
オリンピック後、かねてからの希望であった教職の道に転身。バレーボールの普及にとバレーボール教室、講演会等にて活動。またテレビやラジオなどでは親しみやすさが感じられ、時にはバイタリティあふれるトークを繰り広げている。

また、2004年には神戸に本社を構える下着メーカー株式会社シャルレの代表取締役社長に就任。同ホールディング株式会社テン・アローズの代表執行役社長も兼任。日本スポーツ界で初の上場企業の社長としての経験も積み、アスリート・指導者・経営者という多方面での実績を身に付けてきた。 
2007年、同企業を退任。
2008年からは三屋スポーツラボを主宰し、健康を運動・栄養・休養と多面的に捉え、活動のフィールドをさらに広げている。
2011年3月の震災直後に「東日本大震災健康支援プロジェクト“こころとからだの健やかのために”」を立ち上げ、避難所・仮設住宅への健康支援及びバレーボールを通して青少年の健全育成を目的とするボランティア活動で、百数十回を越える訪問を行ってきている。
老若男女の幅広い対象の健康・スポーツ・教育を活動の柱として、あらゆる分野で活躍できるオールラウンドプレーヤーとして期待できる1人である。

現職
・筑波スポーツ科学研究所副所長
・公益財団法人日本体育協会 日本スポーツ少年団 副本部長
・学校法人藤村学園(東京女子体育大学)理事
・国立大学法人筑波大学 経営協議会委員
・三屋スポーツラボ 主宰
・NPO法人健康寺子屋 特別顧問&特別講師
・東日本大震災健康支援プロジェクト 代表
・健康日本21推進フォーラム理事
・全日本IDバレーボール連盟顧問
・福井県ふるさと大使
ほか

講演例

「人生のデザイナー」

「自分の人生は、自分でデザインしていく」といういうことをモットーにしています三屋の人生への
考え方、生き方などを熱く誇ります。

「スポーツと健康」

現在、注目されていますスポーツと健康のつながり方及び重要性などを、今までの体験や
スポーツ科学等のあらゆる面からわかりやすくお話いたします。

「スポーツと健康 〜家庭でできる簡単健康法〜」

上記2の講演の中で、専門インストラクターが簡単に家庭でもできる運動法を丁寧にお教えいたします。
これは市町村の健康まつりなどのイベントにも最適です。

「バレーボールと私 〜いつも燃えていたい〜」

青春時代に全身全霊ぶつかってきましたバレーボールを通じて、いろいろと培ってきました経験や
人生観などを楽しくお話いたします。

「生涯学習のあり方」

現在、世の中におきまして生涯学習がいかに大切かということを、三屋の体験、考え方などを通じて、
皆様への生涯学習に対するエールをお送りします。

「チームワークについて」

「リーダーシップについて」

「三屋裕子の元気エッセンス」

「さわやかなリーダーシップ〜いつも燃えていたいバレーボールと私〜」

著作本

コンチワ!裕子先生』(日本文化出版)
三屋裕子の元気エッセンス』(ネスコ)
三屋裕子の楽しいバレーボール』(小峰書店)
ステップアップスポーツ バレーボール』(池田書店)
運動セラピー』(法研)
あなたが打ちやすいボールを送りたい-思いやりの心がビジネスを育てる』(かんき出版)