三島 浩昭

三島 浩昭(みしま ひろあき)

株式会社オールビジネスマネージメント 代表取締役
兵庫県立神戸生活創造センター登録「日本心のサポート協会」代表
ワークライフバランス研究会会員
兵庫県男女共同参画推進員

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「精神科病院に入院して」
  • 「難病の多くの友人を亡くして」
  • 「閉鎖病棟に入れられて」
  • 「シングルマネージメントマザーと出会って」

経歴

2000:国立行政機構「兵庫中央病院」の友人の歌詞を広める活動開始。
2001:JR神戸線「三宮」駅前路上ライブスタート。老人ホーム慰問開始。
2003:手話シンガー「美洙」さんと活動開始。聴覚障がい者詩人「エツミン」さんと曲作り開始。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌に取り上げられる。
2005:「きみは愛されるために生まれた」キャンペーン開始。年間3万人の自殺者削減活動。日本心のサポート協会発足。障がい者と「風のチュチュコンサート」主催。
2007:ヒプノセラピストとして活動開始。音楽プロダクションにて、「キャリアデザイン」を中心にした講師を務める。
2010:精神科閉鎖病棟入院。デイサービスに通う。障害者職業センター「リワーク支援」受ける。
2011:メンタルトレーニングカウンセラーとして、自律訓練法を広める活動開始。ゲートキーパー普及活動開始。
2012:株式会社オールビジネスマネージメント設立。メンタルヘルスやワークライフバランスのマネージメント業務開始。兵庫県医師会認定AEDインストラクター及び神戸市消防局救命インストラクターとして活動開始。

講演テーマ

精神科病院に入院して
うつ病について。障害者職業センター「リワーク支援」の現状と職場復帰の重要性。

難病の多くの友人を亡くして
死とどう向き合うか。ホスピスとグリーフケアについて。

閉鎖病棟に入れられて
地域の精神障害者の生活。地域支援。ディケアの現状。自殺者撲滅する「ゲートキーパー」の育成。「きみは愛される為に生まれたキャンペーン」について。

シングルマネージメントマザーと出会って
ワークライフバランスとイクメンについて。キャリアデザインの重要性。高齢化社会での生きがいとは。

実績

音楽プロダクション「アスカミュージック」さんにて、3年間講師とカラオケ審査員を務める。

専門分野

メンタルヘルスマネジメント

講演の特徴

ギター弾き語り。命をテーマに訴える。