松崎 了三

松崎 了三(まつざき りょうぞう)

田舎まるごと販売研究家
高知工科大学地域連携機構・特任教授
松崎地域計画本舗 代表

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「地元を売れ!新産業創造は経営革新の観点から」
  • 「みんなでこうしたら地域を全国にアピールできる」
  • 「地域まるごと販売術 ~モノではなくココロ 感動は人間にしかつくれない~」
  • 「地域に眠る資源を再発見!『ひと』と『もの』を結集すればこんなことができる」
  • 「活かそう!!地域資源―まずは足元を見つめて」
  • 「地方まるごと魅力再発見」

馬路村を“ゆずの村”として全国に浸透させた、高知県馬路村ブランド商品の仕掛け人。
以来、“田舎まるごと販売研究家”として「農」と「食」を中心に、農村のコミュニケーション計画のお手伝いに全国を奔走中。
また、地域活性の活動を通して、人づくりや食育、環境保護などにも大いに貢献。

経歴

1955年高知県室戸市生まれ。幼少期を山奥で暮らす。
大学卒業後は故郷の高知県に戻り、土木業で三年。
ある日突然求人を見て広告業界へ。2年後には、独立して企画デザイン事務所を立ち上げる。
1985年に法人化し株式会社アークデザイン研究所専務取締役となる。
1988年、人口約1200人の山村・馬路村と出会い、特産品の開発・販売に目覚める。
ポン酢などユズの加工品で、32億7000万円(2010年実績)の販売額を誇り、馬路村を“ゆずの村”として全国に浸透させる。
以来、「田舎まるごと販売研究家」として地域づくりに燃えている。
2000年よりフリーとなり、馬路村のプランナーとして活動しながら「農」と「食」を中心に、農村のコミュニケーション計画のお手伝いに全国をコツコツとまわっている。

講演テーマ

「地域まるごと販売術」

【地域づくりとは…】
1.イメージづくり
2.モノづくり(商品開発)
3.価値観
4.融合(生産加工、販売)
5.顧客-ファンづくりを!

楽しく笑える講演です!