松谷 明彦

松谷 明彦()

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

人口減少経済社会の研究の第一人者

プロフィール

1945年 鳥取県で生まれる。
1969年 東京大学経済学部経済学科卒
1970年 同学部経営学科卒。
      大蔵省入省。主計局調査課長、主計局主計官、大臣官房審議官等を歴任。
1997年 大蔵省辞職。現職に就任。現在に至る。
2004年 東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻論文博士号取得
2010年 政策研究大学院大学内に国際都市研究学院を創設、理事長に就任。
専門分野は、マクロ経済学、社会基盤学、財政学。
近年では、都市の国際化、地方再生問題にも取り組む。

講演テーマ例

・人口減少で企業経営はどう変わる
・都市間競争にどう対処するか
・地方をどう再生するか
・少子高齢化で年金、財政はどうする

著書

「人口減少時代の大都市経済」 (東洋経済新報社) 2010年刊行
「人口流動の地方再生学」 (日本経済新聞出版社) 2009年刊行
「2020年の日本人 – 人口減少時代をどう生きる」 (日本経済新聞出版社) 2007年刊行
「人口減少経済の新しい公式 – 縮む世界の発想とシステム」 (日本経済新聞社) 2004年刊行
「人口減少社会の設計 – 幸福な未来への経済学」 (共著、中央公論新社) 2002年

マスコミ

NHK「日本のこれから」「視点・論点」 フジテレビ「報道2001」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」「モーニングサテライト」「ニュースファイン」等多数出演
新聞、雑誌等でも活躍中。