増田 太郎

増田 太郎(ますだ たろう)

ヴァイオリニスト

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 講演ライブ“歩き出すのは自分次第”
  • 毎日が歌ってる

5歳よりヴァイオリンを始め、20 歳で視力を失うが、《ヴァイオリンを弾きながら歌う》という独自のスタイルで音楽活動を展開。
その生命力あふれる演奏が、フジTV《とくダネ!》をはじめ、新聞各紙に取り上げられる。
楽曲『雲』がNHK「みんなのうた」で放送されたほか、普天間かおりさんに提供した楽曲《花星賛歌(はなほしさんか)》がテレビ東京《美の巨人たち》のエンディングテーマに起用。1年間、ニッポン放送《オールナイトニッポンレコード》にて《悩み相談コーナー》などを担当。毎年クリスマスイブに「音の出る信号機」設置にむけて放送されているニッポン放送《ラジオ・チャリティ・ミュージックソン》に、2002年より出演。
ヴァイオリニストとして、森山直太朗さんの「手紙」(シングル「さくら」にカップリ
ング収録)ほか、様々なアーティストのレコーディングやコンサートに参加。
2007年、韓国人歌手、ソ・ウォノさんのアルバム「イノセント」に楽曲「花星賛歌」
「Life is Beautiful」を提供ほか、同アルバム収録「千の風になって」では、アレン
ジとヴァイオリンを担当。
2008年、 作品「拍手の中に『笑顔』が見える」にて、「第6回オンキヨー点字作文コンクール」グランプリを受賞。(厚生省・日本盲人福祉委員会・毎日新聞社会事業団後援)
2009年5月、NYセントラルパークで開催された”Japan Day”にて演奏。
現在、レギュラーラジオ番組「増田太郎ミュージックシュタイン」(茨城・和歌山放送、
ラジオ沖縄、むさしのFM、FMたちかわ、日本福祉放送)のパーソナリティを務めるほか、HPから聴けるインターネットラジオ「TAROWSVE」が大好評!
CD「Present」、著書にエッセイ《毎日が歌ってる》(すばる舎)がある。

講演テーマ

講演ライブ“歩き出すのは自分次第”
毎日が歌ってる

主な実績

 <学校>
~歩き出すのは自分しだい~
「中学校開校記念講演ライブ」「障がい教育講演ライブ」「生き方を学ぶ講演会」「福祉公演会」「人権講演会」
「文化教養講座」「夢を育む講演ライブ」ほか

<企業セミナー・会議>
講演ライブ
「労働組合研修会」「幼稚園PTA連合会研修会」「子どもにやさしいまちづくりシンポジウム」「青少年育成行方市民会議」ほか

<チャリティコンサート・イベント>
「東京芸術祭」「ATACコンサート」「成人式典・講演ライブ」「心の鐘コンサート」「栃木盲導犬センター支援コンサートほか

著書

『毎日が歌ってる』(すばる舎)