略歴

1965年、兵庫県生まれ。
OA機器販売、パッケージソフト販売などの営業職を経て2000年にシステム開発販売会社を設立。
同社の経営を通じ「自ら動きたくなる組織づくり」の方法論を確立して以降、年商3億円だった同社が2年間で年商10億円に成長する。
社長がいなくても動く組織になったと確信し、2008年、同社をM&Aで上場企業に全株式譲渡。
創業者不在のなか、現在は生え抜き社員が社長を務め、今も経常利益は過去最高記録を更新し続けている。
会社売却後、アーリーリタイアで静かに暮らしていたが、自社で上手くいっていた営業活性化の方法をシステム化する事によって、どんな会社にでも簡単に適用できることに気付き、わずか1年足らずでビジネスに復帰。
株式会社SEVENTEENを設立しシステム開発に取り組む。
2011年より「営業マンが自ら動きたくなる仕組み」を応用した、営業実績グラフシステム「Sales Performer」をクラウドシステムでサービスの提供を始める。

講演テーマ例

「モチベーションを上げていく仕組み」
「『営業マンが自ら動きたくなる組織』のつくり方」
「『売れる営業組織』をつくる方法」

「売れる営業組織にしたい」という経営者の声に対し、「営業の『やり方』だけでなく、『やる気(モチベーション)』を高レベルで維持させることにもっと注目すべき」と話す。
円山氏は自らの会社で「営業マンが自ら動きたくなる仕組みづくり」を実践し、社長不在で動くようになった会社をつくった実績を持つ。「今までと売り方もやり方も変えず、すぐに効果が出る方法」についてお話しいただく。