栗原 健児

栗原 健児(くりはら けんじ)

中部栄養研究会主宰
日本中医食養学会認定 薬膳アドバイザー
調理師
ゲルソン療法スペシャリスト

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「私と妻の病気を克服した『栄養療法』とは(体験談)」
  • 「ガンなどの生活習慣病は食源病」
  • 「ガンなどの生活習慣病は合併症の一つの症状に過ぎない」
  • 「ゲルソン療法を基本にした自然療法の啓蒙」
  • 「和食が世界遺産に登録」の意味
  • 「脳の主栄養素はグリコーゲン」
  • 「欧米型食生活の功罪」

講演テーマ

「私と妻の病気を克服した『栄養療法』とは(体験談)」

私と妻が、マックス・ゲルソン博士による「栄養療法」を用いて、それぞれの病気を克服した体験談。ガンなどの生活習慣病は、治せる病気であることをお伝えします。

「ガンなどの生活習慣病は食源病」

ガンなどの生活習慣病は、長い間にわたる毎日の偏った食生活の結果である食源病です。現代医学は、食事が原因である病気を、細菌による伝染病を治すのと同じ化学薬品による薬物投与か、手術で治そうとしています。食源病であることを認識しない限り、絶対にこれらの病気や症状を無くすことは出来ません。

「ガンなどの生活習慣病は合併症の一つの症状に過ぎない」

現代医学はガンなどの生活習慣病を個別に観ています。ガンでも、乳がん、子宮がんなど、部位が違うと別の病気として扱われており、他の生活習慣病でも病名が違うと原因も違うとの観点から、それぞれの病気を個別に治癒されています。生活習慣病は全身病であることを認識して、大局的に観て治癒しない限り、根本的に治すことは不可能です。

「ゲルソン療法を基本にした自然療法の啓蒙」

自然療法は単なる延命行為ではなく、病気になる前の健康な身体にまで戻すことができる療法です。
永い間の偏った栄養摂取の結果であるガンなどの生活習慣病は食源病です。食べ物が原因のこれらの病気を化学療法で治すことは不可能です。栄養摂取を見直すだけでこれらの病気を治すことができます。
その方法をお伝えいたします。

「和食が世界遺産に登録」の意味

和食は主食、副食共に、不足しがちな“でんぷんが質”が豊富にあります。
ガンなどの生活習慣病の根本原因は全てのビタミンとアルカリ性ミネラル、でんぷん質の慢性的な不足です。また、脳の主栄養素はグリコーゲンであり、その主成分はでんぷん質です。その為でんぷん質不足はガンだけでなく、痴呆症、少子化の問題にまで及びます。
世界的にでんぷん質の消費量の多い国ほど健康な人が多く、動物性食品の摂取量の多い国ほど、寝たきり老人や半病人が多くいます。和食が世界遺産に登録されたのは、先進国でも日本と同様、和食のようなでんぷん質を多く含んだ食生活を望んでいる証拠です。
和食が世界遺産に登録されたことを機に、和食の良さや、でんぷん質の重要性等についてお伝えいたします。

「欧米型食生活の功罪」

動物性食品やファストフード等を主とした欧米型食生活は、早熟、背を高くする、瞬発力を養う、等の利点もあるが、キレやすい、低血糖症になりやすいという欠点があります。
早熟は衰えも早く、ガンなどの生活習慣病の発症原因であり、それらの兆候を持つ男女からは健常児が期待できません。
欧米型の食生活の危険性や、病気にならない為の健康な食事をお伝えいたします。

講演の特徴

マックス・ゲルソン博士による「栄養療法」を、自身のガン克服体験談を交え、分かりやすく解説。
私(大腸ガンの兆し)と妻(心臓疾患と糖尿病)を実際に克服した体験を基に、自然療法を指導します。
これまでも多くの方々の命を救い、健康になっています。
講演はスライドを用いて行い、希望の方には、この療法の実施方法や治癒効果のある料理メニューなどを記載した解説書を、配布することも可能です(原則有料)。

略歴

1958年 東京都立武蔵高校卒業。
1960年 日本大学芸術学部入学。
1963年 同学部中退。
1964年 マックス・ファクター化粧品会社入社。
1969年 大和自動車入社。
1972年 産業廃棄物処理業経営。
1978年 健康悪化により従業員にこの会社を譲渡。
1985年 妻と現在の調理器具類の販売業を開始。現在に至る。
1990年 マックス・ゲルソン博士による「栄養療法」理論に出会う。妻と共にこの理論の確かさに感銘を受け、実際に私どもの病気を克服した実績から、この療法をもっと広く知らせたいとの思いからこの療法の啓蒙活動を開始した。
1986年 調理師免許取得。
1998年 国立北京中医薬大学日本校内
日本中医食養学会認定
薬膳アドバイザー

専門分野

日本に於けるマックス・ゲルソン博士による「栄養療法」のスペシャリスト
ゲルソン療法を基本にした自然療法の啓蒙。

講演実績

愛知県内JA,愛知、岐阜県内地域婦人会、女性、成人学級、法人会、商工会等での講演。
「栄養療法」の講演と、生活習慣病や治癒効果のある薬膳を基本にした健康料理講習会を、長年にわたり地域婦人会や、JAの女性部、法人会等で行い、末期ガンの患者を含む大勢の方の命を助けてきました。

主な著書

・論文『栄養療法概論』
・『ガンは栄養療法で治すことができる!!(現代病と食生活との相関関係)』

【講師コメント】
ガンは治せる病気です。私の大腸ガンと妻の心臓疾患と糖尿病を克服することができた、マックス・ゲルソン博士による「栄養療法」を、もっと一般に知って頂きたいと思います。ガンなどの生活習慣病は、毎日の食生活の結果である食源病で、年齢に関係のない肉体の老化病であり、全身病です。この事実を理解しない限り、これらの病気を治すことは不可能であることを、知って頂きたいと思います。この理論をマスターして、多くの方々の命をお救いした私の講演を、ぜひ一度お聞き下さい。