桑原 征平

桑原 征平(くわばら しょうへい)

フリーアナウンサー/大阪芸術大学教授

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「大切な地球、子孫に残すもの」
  • 「がんばれ農業」
  • 「ゴミも身体もダイエット」
  • 「どうなる地球。どうする人間。」
  • 「世界を滅ぼすもの、それはエイズ」
  • 「返せ!水、風、緑」
  • 「桑原征平の体当り人生」
  • 「若者よ、必ずチャンスはやってくる!」
  • 「福祉は同情なんかじゃない!」
  • 「男女もみな一緒。個性一番、人間性一番。」
  • 「働く女性は美しい、芸能人を見よ!」
  • 「ブラウン管から見た子どもたち」

略歴

“命知らずのアナウンサー”の異名をもつ人気アナウンサーとして有名。

1944年京都市生まれ。1967年成城大学経済学部卒。
大学卒業後、大阪の酒問屋に勤めセールスマンを体験。その後アナウンサー試験に合格。
かつての人気TV番組「ハイ!土曜日です」(征平の挑戦コーナー)で“命知らずのアナウンサー”として
広くお茶の間で知られるようになり、関西テレビの売れっ子アナウンサーとして活躍。

2004年5月に定年を迎え関西テレビの専属アナウンサーとなる。
主な出演番組は、関西TV「夜明けのテレショップ」「GO.GO.!ガリバーくん」TV大阪「征平・宮根のクチコミ」CS京都チャンネル「京都!ちゃちゃちゃっ」、ABCラジオ「桑原征平の粋も甘いも」等。 その他に大阪芸術大学客員教授も務める。

また世界50ヶ国を回る貴重な体験をもち、各国要人にまつわるエピソード、それぞれのお国柄や知られざる側面をも熟知する。

“現代のテレビ、この激しき視聴率戦争”“生か死か!現代アナウンサー残酷物語”ではアナウンサー業の仕事の厳しさ、辛さ悲しみを語り、また一転して爆笑を誘う。あわせて豊富な海外取材、数多くの人たちや地域との交流経験を通じ、人権尊重、命の大切さを痛感。世界あちこちで取材した環境問題についての具体例を紹介しながら地球環境問題を説く。

著作本

「生きてるだけで丸もうけ」(ぴあ)