小林 良彰

小林 良彰(こばやし よしあき)

慶應大学法学部教授

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「日本の政治経済の課題」

経歴

1954年 東京都生まれ。
1982年 慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程政治学専攻修了。
1982〜84年 慶應義塾大学法学部専任講師、
1984〜85年 ミシガン大学学部客員助教授、
1985〜86年 プリンストン大学国際問題研究所大学政治学部客員研究員、
1986〜91年 慶應義塾大学法学部助教授、
1991年より同大学教授となり、現在に至る。

この間、
1994〜96年 カリフォルニア大学バークレー校日本研究所客員研究員、
1997年 ケンブリッジ大学ダウニング校客員フェローを務めた。

また現在、日本学術会議会員・同1部幹事、日本政治学会理事長、日本選挙学会理事、公共選択学会理事などを務める。

講演例

「日本の政治のここが問題 何をどう変えるべきか!」
「日本の政治の現状と課題」
「道州制における議会と執行機関」
「日本の政治で問われているもの」

著作本

●単著

「選挙・投票行動」(東京大学出版会)
「現代日本の政治過程」(東京大学出版会)
「選挙制度」(丸善)
「現代日本の選挙」(東京大学出版会)
「計量政治学」(成文堂)
「公共選択」(東京大学出版会)(中国語訳・韓国語訳も出版)

●編著

「日本人の投票行動と政治意識」(木鐸社)
「地方自治の国際比較」
「日本における有権者意識の動態」
「地方自治体をめぐる市民意識の動態」
「シヴィルソサエティ論」
「市民社会における政治過程の日韓比較」
(以上、慶應義塾大学出版会)、「政治過程の実証分析」(芦書房)など。

●翻訳

「現代メキシコの政治」(敬文堂)
「政治変動論」(芦書房)
「比喩によるモラルと政治」(木鐸社)
などの他、共著24冊日本語、英語、西語、仏語などの論文400点。