小林 三郎

小林 三郎(こばやし さぶろう)

中央大学大学院戦略経営研究科・フェロー
一橋大学大学院国際企業戦略研究科・非常勤講師
早稲田大学理工学部大学院・非常勤講師
早稲田大学環境総合研究センター・客員研究員/参与

  • 無料ご相談
  • 候補に入れる
  • 印刷をする

profile-presentation-theme

  • 「イノベーションの神髄
     ~挑戦する人と組織のつくりかた」
  • 「ホンダ DNA~創造性を鍛え挑戦する文化」
  • 「創造性を醸成するHondaの企業風土
     世界標準エアバッグ開発者による現場から見た
     ホンダイズム」
  • 「ホンダのユニークさはどこから生まれるのか」
  • 「ホンダ流“挑戦・独創・革新のすすめ”
     ~本質的熟慮の実践~」

略歴

1968年 早稲田大学理工学部機械工学科卒(専門:自動車工学)
1970年 カリフォルニア大学・バークレー校 Master of Science(修士)
      (専門:Biomechanics : 生体力学研究)
1971年 本田技術研究所入社
1985年 本田技術研究所 / 主任研究員
1987年 日本初のエアバッグ量産・市販(エアバッグ研究 16年)
1993年 ホンダ・アメリカ研究所 / Vice President
1996年 ホンダ・アメリカ研究所 / Senior Vice President
2000年 本田技研工業(株) / 経営企画部長(兼)経営企画室長
2005年 本田技術研究所 / 主席研究員
2005年 : ホンダ退職

スポーツカーを設計したくてホンダに入社したのに、安全研究室に配属。多くの反対の中で16年研究を続け、エアバッグを日本で初めて商品化。優秀な人も、金も無いホンダから、なぜ創造的技術が生まれるのか?ホンダの企業文化・土壌等を16年の研究の原体験を通じて語り、ホンダのDNAを明らかにする。最近は企業・大学からの講演要請が多く、創造のやり方や、技術・商品の基本となるコンセプトの作り方を、社会にお返しする積りで話している。 

講演テーマ

「イノベーションの神髄~挑戦する人と組織のつくりかた」
「ホンダ DNA~創造性を鍛え挑戦する文化」
「創造性を醸成するHondaの企業風土世界標準エアバッグ開発者による現場から見たホンダイズム」
「ホンダのユニークさはどこから生まれるのか」
「ホンダ流“挑戦・独創・革新のすすめ”~本質的熟慮の実践~」

実績

関西経営管理協会/日本経営開発協会 主催
 「第123回全国経営者大会」出講

著書

ホンダ イノベーション魂!』(日経BP社)
ホンダ イノベーションの神髄』 (日経BP社)